名門マンUから消えた“強烈な個性” 迷走続く現状にOB苦言「違いを生み出せていない」

ポグバ、マグワイアらを擁するユナイテッドだが低迷から抜け出せずにいる【写真:Getty Images】
ポグバ、マグワイアらを擁するユナイテッドだが低迷から抜け出せずにいる【写真:Getty Images】

元守護神のファン・デル・サール氏が古巣の低迷を嘆く 「進歩は見られていない」

 マンチェスター・ユナイテッドのOBである元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サール氏は、近年古巣から強烈な個性が「消えた」と主張。「もはや違いを生み出せていないと思う」とチームの問題点を指摘している。米スポーツ専門局「ESPN」が報じた。

 オレ・グンナー・スールシャール監督が率いるユナイテッドは、プレミアリーグ開幕戦でチェルシーに4-0と快勝したものの、そこからの7試合で1勝3分3敗と全く結果を出すことができず、現在はリーグ12位に低迷。名将アレックス・ファーガソンが率いていた2012-13シーズン、リーグ戦のタイトルを獲得できておらず、現在も復活の糸口をつかむことができていない。

 かつてユナイテッドの守護神として活躍し、多くのタイトルをもたらしたファン・デル・サール氏は、現在のチームのロッカールームに明確な問題があることを指摘した。

「もちろん、彼らは監督を数回変更したが、実際の進歩はまだ見られていない。(変化は)彼らが夏に獲得したものだけだ。彼らは確かな欲求と飢えを備えた、若く未熟な選手を獲得した。それは過去6、7年に獲得したようなビッグネームとは違う。私自身、(2005年に)ここに来た時、(元ウェールズ代表FW)ライアン・ギグス、(元イングランド代表MFポール・)スコールズ、(元イングランド代表DFリオ・)ファーディナンド、(元イングランド代表DFギャリー・)ネビル、そして(元アイルランド代表MFロイ・)キーンもいたと思う。常に強烈な個性を持った選手がいたんだ」

 加えてファン・デル・サール氏は「そしてここ数年、強烈な個性を持った選手は姿を消し、もはや違いを生み出すことができていないと思う」と厳しいコメントを残している。

 クラブOBも心配する現在のユナイテッドの状況。果たしてスールシャール監督は、この悪い流れを変えることができるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング