鎌田大地、“慣れない”FWで代表初ゴールに安堵 「ストライカーとしてはセンスないな」

日本代表の鎌田大地【写真:Yukihito Taguchi】
日本代表の鎌田大地【写真:Yukihito Taguchi】

初めてのW杯予選で途中出場から初得点 「ドイツでも取れていない時期が…」

 日本代表FW鎌田大地(フランクフルト)が代表初ゴールを挙げた。日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦(埼玉)で6-0と快勝。後半16分から途中出場した鎌田は5-0の同37分、MF遠藤航(シュツットガルト)のミドルシュートをGKがはじき、そのこぼれ球を頭で押し込んだ。“ポスト大迫”として期待された鎌田が、国際Aマッチ3試合目で待望の一発を決めた。

 約7カ月ぶりの日本代表。鎌田は後半16分、先制点を挙げたMF南野拓実(ザルツブルク)に代わってピッチに立った。大声援を受けて立った初めてのW杯予選。5-0で迎えた後半37分だった。遠藤のミドルシュートを相手GKが弾き、こぼれ球に反応。頭で押し込み、代表初ゴールをマークした。初得点後は喜びよりも安堵の表情。思わず、胸をなでおろした。

「今日もすごく外していたので。普段はああいうシュートの打ち方をしないシーンが多いので、ストライカーとしてはセンスがないなと思いながら。久しぶりにFWをしてチャンスを作れたし、良いポジションにいられたことはプラスに捉えること。練習さえすればシュートも良くなる」

 エースFW大迫勇也(ブレーメン)が負傷で離脱するなか、FW永井謙佑(FC東京)と2トップを組んだ。永井が下がってからは1トップも務め、中盤でプレーする所属クラブとは違う“ストライカー”の役割を求められた。だからこそ、ゴールは欲しかった。「ドイツでも入らない時期が凄く続いていたので、やっとかという感じでしたね」。国際Aマッチ3試合目での初得点。果敢にゴールを狙う姿勢は顕著に現れていた。

「今日は一切、受けに下がっていないし、ゴール前をやろうと思っていたので、自陣ではオフサイドラインを見ながら決定機にからもうと。それでいい試合内容だった」

 慣れない位置でも結果は残した。日本代表サバイバルに生き残るためにも、大きな価値ある1点だった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング