10年ぶり「おこぼれ」代表弾に長友佑都がジョーク 「点の取り方も喜び方も忘れていた」

モンゴル戦で実に10年ぶりとなるゴール目を決めた長友【写真:Yukihito Taguchi】
モンゴル戦で実に10年ぶりとなるゴール目を決めた長友【写真:Yukihito Taguchi】

モンゴル戦で自身代表4ゴール目をマーク 「純也から良いボールが来ました」

 監督が代われども、日本代表に選ばれ続けているDF長友佑都(ガラタサライ)だが、国際Aマッチで得点を決めたのは、2009年10月8日(6-0)の香港戦が最後だった。モンゴル戦で実に10年ぶりとなる代表4ゴール目を決めた長友は、試合後のミックスゾーンで「今日は点を取りたいと意気込んでいた」と明かした。

 その意気込みは、結果に表れる。前半33分、DF冨安健洋(ボローニャ)が右に出したボールを受けたMF伊東純也(ヘンク)がMF南野拓実(ザルツブルク)とワンツーで突破。右サイドを完全に崩した後、ゴール前で折り返しに詰めていたのが長友だった。10年ぶりのゴールについて、背番号5は「意気込んで試合に入っていた部分もあったので、おこぼれが来て良かったです。嬉しいですよ」と笑った。

 日本は序盤からボールを支配し、両サイドバックも積極的に攻撃参加。クロスを入れて、何度もチャンスをつくっていた。「その前から、結構、(ゴール前にボールが)入っていたのでね。(点を)取れるチャンスはあったのですが、良い感じで流れてきたなと思います。(伊東)純也から良いボールがきました。ゴールの取り方もそうだし、喜び方も含めて、何もかも忘れていましたけどね」と、冗談を飛ばした。

 格下を相手とはいえ、しっかり6ゴールを挙げることができたのは、ポジティブな材料だろう。この試合、唯一、足でゴールを挙げた長友は「5点はヘディングでしたね。前半からもクロスからチャンスを作ったり、セットプレーからチャンスを作っていました。相手がボールウォッチャーになって、マークに付けないというのは分析でもあったので。そこを突いていった結果だと思いますし、良かったと思います」と、ホームでの快勝に納得の表情を見せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も