「8-0にできた」 吉田麻也、“大勝劇”に満足せず…「突き抜けてほしい」と語る選手は?

日本代表のキャプテンとしてチームを支えるDF吉田麻也【写真:Yukihito Taguchi】
日本代表のキャプテンとしてチームを支えるDF吉田麻也【写真:Yukihito Taguchi】

3アシストの伊東にさらなる成長を期待 「こういう時が一番伸びる」

 日本代表は10日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦で6-0と快勝した。9日に行われた前日の公式練習後、自身のゴールへの思いを明かしていたDF吉田麻也(サウサンプトン)は、前半29分に相手GKのパンチングからDF酒井宏樹(マルセイユ)が折り返したところに反応。チーム2点目を挙げ、勝利に貢献した。

 待望のゴールを奪って、相手をシュート0本に抑えた快勝劇にも、吉田は「1試合で評価はできない。2次予選が終わった時に、何点取られているかで評価してもらえればいい」と、厳しい表情を崩さなかった。

 日本代表は前半で4得点を挙げたものの、後半は2点にとどまった。だが、前半と後半に大きな差は感じなかったという。「後半も4点いけるかと思っていた。決めるところで決めていれば、8-0にできたと思う」と、チャンスを生かしきれなかったことが原因だと分析した。

 これまで絶対的エースとして君臨したFW大迫勇也(ブレーメン)が負傷で欠場した1トップには、FW永井謙佑(FC東京)が起用され1ゴールを記録。さらにMF堂安律(PSV)の定位置だった2列目の右サイドには、MF伊東純也(ヘンク)が先発フル出場し、3アシストを記録と結果を残した。

「今日は永井とか純也という速い選手が起用されました。今までと違う形で挑んだから、どうなるかと思ったけど、純也に関しては(ベルギーで)優勝して、CL(UEFAチャンピオンズリーグ)でも出始めて、自信を深めている時期。こういう時が一番伸びると思うので、突き抜けてほしい。素晴らしいボールもたくさんあった。ああいうタイプだから(相手に)削られることもあると思うけど、乗り越えて成長してほしい」とチームとして成果があったと振り返る一方、さらなる個の成長を期待した。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も