“代表初ゴール認定”のMF遠藤航が喜び露わ 「取りたいと思っていたので…」

日本代表MF遠藤航【写真:Getty Images】
日本代表MF遠藤航【写真:Getty Images】

「クロスでしっかり決まった」 チーム全体の攻撃にも好感触

 引いた相手から、どう点を取るか。カタール・ワールドカップ(W杯)2次予選、特に相手が守備を固めてくることが予想された10日のホームゲーム初戦となったモンゴル戦で日本代表は大量6ゴールを記録し、2連勝を飾った。

 4-0で迎えた後半11分、待望の一撃が飛び出した。前日練習後、キャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン)は「セットプレーからゴールを挙げたい」とチームの課題の一つに挙げていたが、MF中島翔哉(ポルト)の左コーナーキックからMF遠藤航(シュツットガルト)がヘディングシュートを放った。

「結構、(ゴール前に)ボールが来ていたので、決めたいなと思っていました」という遠藤のシュートは、ゴール前のDF酒井宏樹(マルセイユ)に当たってゴールに決まった。それでも、公式記録では遠藤のゴールと認定された。

 代表通算21試合目で待望の初ゴールとなった遠藤は、「若干、(酒井)宏樹くんに当たっていたみたいですけど、僕も触っていたので。とりあえず、僕のゴールになったみたいで良かったです。ずっと取りたい、取りたいと思っていたので、取れて良かったです」と、素直に喜んだ。

 自身の初ゴールもあったが、遠藤はチームとして相手の守備を崩せたことにより大きな意味があったと感じているようだ。

「基本的に僕たちがボールを持つゲーム展開で、どう崩していくのか。僕が意識したのは、あまり下がり過ぎないで、しっかり間、間で受けながら、前とのつなぎ役になることを意識していました。あとは(柴崎)岳とのポジショニングは意識してやっていました」と話す。

 実際、中盤の底から柴崎と遠藤がサイドにボールを散らせていたことは、この試合のゴールラッシュの要因の一つだろう。

「結構、今日は上手くサイドから崩して、クロスから点が入っていたので、そこはしっかり使いながらやれていたと思います。ああいう相手に対してクロスは有効なので、そこがしっかり決まったのはチームとして大きかったと思います」と遠藤が話したように、この先も続く2次予選で苦戦する場面が出ても、自分たちが立ち返ることのできる快勝となった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も