復活のチェルシー18歳FW、頭をよぎった“キャリア終焉”を告白 「失望する日々だった」

チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ【写真:Getty Images】
チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ【写真:Getty Images】

ハドソン=オドイはアキレス腱断裂を乗り越えて復活 ゴールやアシストでアピール中

 今年4月にアキレス腱の負傷で長期離脱を強いられたチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイは、キャリアの終わりも覚悟したと当時の辛い心境を明かした。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ハドソン=オドイは今年4月、2018-19シーズンのプレミアリーグ第35節バーンリー戦でアキレス腱断裂の重傷を負い、手術を受けてリハビリに励んでいた。

 9月にはクラブとの5年契約延長にサインしたハドソン=オドイ。9月25日のリーグカップ3回戦グリムズビー・タウン戦(7-1)でいきなりゴールを決める鮮烈復帰を果たすと、プレミアリーグでは2試合に出場し、いずれもアシストを決めるなどアピールを続けている。

 復帰後にハイパフォーマンスを見せているとはいえ、負傷直後はナーバスになっていたようだ。キャリアの終わりも覚悟したと本音を打ち明けている。

「『もう一度、プレーできるんだろうか』。それが最初に思ったことだよ。深刻なことだったのは分かっていた。すごく心配だったよ。でも、家族は僕が再び戻ってこられると信じ続けてくれていた。練習に行くたびに悲しくて、失望する日々だったよ。練習場の外から仲間たちを見ることしかできなかったからね。暗い日々だったけど、同時にポジティブな日々でもあった」

 不安とピッチに立てないもどかしさから落ち込んだというハドソン=オドイだが、家族の支えもあってメンタルを保つことができていたようだ。

「カムバックできてとても嬉しいよ。これほど多くのアシストでゴールに貢献できるとは思っていなかった。もっと上達して、さらにゴールを増やせるように続けていきたい」

 これまでに経験したことがなかった」という重傷を乗り越えた18歳の若き逸材は、さらなる飛躍を見据えている。フランク・ランパード監督の下で改革中のチェルシーで不動の存在となることができるのか、注目だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」