ネイマールが天才的な閃き! ノールック“回転浮き球スルーパス”に喝采「美しい瞬間」

PSGのネイマールがテクニックを披露【写真:Getty Images】
PSGのネイマールがテクニックを披露【写真:Getty Images】

アンジェ戦にフル出場し1ゴール 得点シーン以外で美技を披露し海外メディアで話題に

 パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、現地時間5日に行われたリーグ・アン第9節アンジェ戦にフル出場し、1ゴールを決めて4-0の勝利に貢献した。今季リーグ戦5試合4得点と好パフォーマンスを披露しているなか、この試合で見せた得点シーン以外でのワンプレーにも注目が集まっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ネイマールは今夏、PSGからの退団を希望し、古巣バルセロナ復帰が盛んに報じられたが、最終的に残留が決まっていた。そうした経緯があったためサポーターからも反感を買い、批判的な横断幕が掲げられるなど風当たりが強くなっているが、現代を代表するクラッキはピッチ上で別格のプレーを見せている。

 PSGのユニフォームを着て126日ぶりに臨んだリーグ・アン第5節ストラスブール戦(1-0)では、いきなり後半アディショナルタイムにオーバーヘッド弾。続く第6節リヨン戦(1-0)でも決勝ゴールを奪うなど、勝負強さを発揮している。そしてホームにアンジェを迎えた今節では、3-0で迎えた後半45分に、カメルーン代表FWマキシム・シュポ=モティングのスルーパスを受けて抜け出すと、飛び出した相手GKを軽やかにかわして今季4ゴールを決めてみせた。

 得点シーン以外でも随所で輝きを放っていたネイマールだが、海外メディアが特に注目したのが前半40分のワンシーンだ。左サイドのDFフアン・ベルナトから中央でパスを受けると、一度戻して動き直す。そしてフリーになって再びボールを受けると、今度は左足でトラップすると左に反転。相手が食いついてきた瞬間、右足で軽くボールを浮かし、左回転しながら縦のスペースへ、ノールックで浮き球スルーパスを通した。ボールを受けたベルナトのクロスは相手DFにクリアされ決定機には至らなかったが、ネイマールの瞬間的な閃きと技術の高さが改めて示されるワンプレーとなった。

 このシーンに海外メディアも注目。オランダメディア「VTBL」は、「ファンタスティックなパスでより美しい瞬間を作り出した」と伝えると、英メディア「CaughtOffside」も「パリ・サンジェルマン対アンジェ戦でのネイマールの並外れたパス」と見出しを打ち、「ネイマールのスキルは相変わらず鋭い」と称えた。

 ピッチ外では多くの問題を抱えるものの、PSGの10番として輝きを放つネイマール。フランスでの勝負の3シーズン目、国内リーグ3連覇とともに、クラブにとっての悲願であるUEFAチャンピオンズリーグ制覇をもたらし英雄となれるのか。そのプレーには、今後も熱い視線が注がれるはずだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】