浦和FW興梠、豪快弾の極意告白「工夫一つで…」 アシストの橋岡に辛口評価の理由は?

同点ゴールを決めた浦和レッズFW興梠慎三【写真:Getty Images】
同点ゴールを決めた浦和レッズFW興梠慎三【写真:Getty Images】

橋岡のクロスから巧みな動きで同点ゴール 「身長がない分、工夫しないといけない」

 浦和レッズのエースFW興梠慎三は、6日のJ1第28節のホームゲーム清水エスパルス戦の前半終了間際にヘディングで貴重な同点ゴールを決めて2-1勝利に貢献した。この試合で唯一のシュートチャンスをものにしたなか、「ゴール前では工夫一つで取れる」と極意を明かしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は前半19分にセットプレーから不用意な失点を喫してしまう。その後もボールを持ちながらゴール前に入れない苦しい時間を過ごしたが、一瞬のスキを見逃さなかった。
 
 前半アディショナルタイム、右サイドのMF橋岡大樹にボールが展開されると、そこから鋭いクロスが入る。そのクロスは清水DFファン・ソッコの正面に飛ぶようなボールだったが、それは興梠にとってまさに狙い通りのボール。足が止まるソッコに対して死角から一気に前へ走り込むと、ヘディングシュートをゴール右に流し込んだ。

 この試合で、興梠はこれが唯一のシュートだった。浦和の大きな得点源である選手だけに常にマークが厳しいが、1本のシュートを1本決めるのはさすがのエースだ。興梠は「身長がない分、工夫しないといけないですから。普通にセンターバックと競り合ったら絶対に勝てないけど、ゴール前では工夫一つで取れる。その持ち味を出せばいい」と、冷静に振り返った。

 興梠はチームでは副キャプテンを務め、主将のMF柏木陽介が負傷離脱している現在は基本的にゲームキャプテンを務める。負傷も抱えながらプレーしているが、弱音を吐くこともなく前線でチームを助けるボールキープを見せ、チャンスを決める。チームメートのFW武藤雄樹は「興梠さんは1本で1本決める。あれを見習いたい」と語る。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」