鳥栖の“疑惑のゴール”が物議 判定に疑問の声噴出、海外メディア「日本でスキャンダル」

鳥栖が決めた“疑惑のゴール”に物議(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
鳥栖が決めた“疑惑のゴール”に物議(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

FC東京戦の後半ATに劇的決勝ゴールも…オフサイドやハンドを指摘する声

 J1リーグは5日、各地で第28節が行われ、前節終了時点で首位のFC東京が16位サガン鳥栖のホーム、駅前不動産スタジアムに乗り込んだ。

 試合は0-0で折り返した後半4分に動き出す。FC東京は右CKのキッカーを務めたMF三田啓貴が左足で蹴ったボールが、直接ゴールに吸い込まれ先制に成功した。リードを奪ったことでペースを握ったFC東京だったが、追加点を奪うことはできずにゲームは終盤へと突入する。

 ここからJ1残留のために負けられない鳥栖が猛反撃を開始。後半41分、右サイドからのクロスをFW金崎夢生がヘディングで合わせる。このボールは相手DFに当たって跳ね返るも、こぼれ球に素早くつめたFW豊田陽平が左足ボレーで押し込み、1-1の同点に追いついた。

 そして問題のシーンが、後半アディショナルタイム5分に生まれる。ラストプレーと言えるタイミングで、鳥栖は敵陣左サイドでFKを獲得。キッカーのFW小野裕二が右足でクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだDF高橋秀人がヘディングで折り返す。ボールはゴール前に走り込んだ豊田を直撃。こぼれ球をMF金井貢史が押し込み、劇的な決勝ゴールが生まれた。

 だがリプレー映像を見ると、高橋秀がヘディングで折り返した時点で豊田も金井もオフサイドポジションにいたようにも見える。さらにボールは豊田の腹部付近を直撃した後、伸ばしていた左腕に当たっていた。今年のルール改正により、手や腕に当たってゴールが決まった場合は、それが故意かどうかにかかわらず反則となる。

 映像を改めて見ると、豊田がボールに触れた瞬間にFC東京の多くの選手が手を挙げてハンドの反則を主張。得点後には主審に詰め寄り猛抗議したが、判定は覆らなかった。

 また、さらに事態を複雑にしているのが、当初は豊田とされていた得点者が、試合後に金井のゴールに訂正されたことだ。映像を見る限り、ボールが豊田を経由した時点で金井は並走していた相手DFより前に位置していた。そのため、Jリーグ公式ツイッターで記録訂正のツイートが流れると、返信欄では「だったらオフサイド」など疑問の声が噴出した。

 海外メディアも、この疑惑の判定に注目。ポルトガルメディア「Notícias ao Minuto」は、「日本でスキャンダル」と見出しを打って伝えるなど、波紋はさらに広がりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング