CL4強アヤックス、モロッコの魔術師と契約更新 移籍金条項を削除…59億円超に高騰か

アヤックスと契約延長したモロッコ代表MFハキム・ジイェフ【写真:Getty Images】
アヤックスと契約延長したモロッコ代表MFハキム・ジイェフ【写真:Getty Images】

レアルなどビッグクラブが狙う逸材、アヤックスがMFジイェフと2022年まで契約更新

 「モロッコの魔術師」と称されるアヤックスのモロッコ代表MFハキム・ジイェフが、クラブとの契約を更新した。オランダ紙「デ・テレグラーフ」は、安価での流出を防ぎたいアヤックスが、これまでの契約にあった3000万ユーロ(約35億円)の移籍金条項を削除したと伝えている。

 アヤックスは昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で躍動し、22年ぶりにベスト4入りを果たした。その躍進に大きく貢献したジイェフは、今季のCLでも目覚ましい活躍を見せている。2日に行われたCLグループステージ第2節のバレンシア戦(3-0)で、ジイェフは左サイドからのカットインから美しい弧を描くゴールで、その実力を示している。

 欧州のビッグクラブはジエクの持つ希代の才能に注目。レアル・マドリード、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティが興味を示しているという。そういった状況のなか、ジイェフはアヤックスとの契約更新にサイン。2022年まで契約を延長した。

 今夏にオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングをバルセロナに、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトをユベントスに流出させたアヤックスは、ジイェフの安価での流出を防ごうと画策。今回の契約更新で、3000万ユーロ(約35億円)に設定されていた移籍金に関する条項を削除することに成功した。

「デ・テレグラーフ」紙は、今回の契約更新における移籍金条項の削除によって、ジイェフの移籍金は5000万ユーロ(約59億円)以上に高騰することになるだろうと主張。興味を示しているビッグクラブによるジイェフ獲得レースは激化すると予想している。

 26歳のジイェフが近いうちに国外のビッグクラブへ移籍することは確実視されているが、最終的にどのクラブが獲得するのか。そして、その移籍によってアヤックスにどれだけの収入をもたらすのかも注目されそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング