6カ国目の東京五輪出場国が決定 ニュージーランドがオセアニアの出場枠を勝ち取る

ニュージーランドが東京五輪出場権を獲得【写真:Getty Images】
ニュージーランドが東京五輪出場権を獲得【写真:Getty Images】

ニュージーランドがソロモン諸島に5-0で勝利、東京五輪出場権を獲得

 U-23ニュージーランド代表は、5日に行われたOFC(オセアニアサッカー連盟)五輪予選トーナメント決勝でU-23ソロモン諸島代表を5-0で破り、2020年の東京五輪出場権を獲得したと、FIFA公式サイトが伝えている。

 OFCに用意された東京五輪への一つの出場枠を争って、決勝でニュージーランドとソロモン諸島が対戦した。

 前半7分に先制したニュージーランドが、常に試合を圧倒。前半終了時点でのスコアを3-0とした。後半に入って、さらに2点を追加したニュージーランドは最終的なスコアを5-0として、ソロモン諸島に勝利。見事に東京五輪出場権を獲得した。

 東京オリンピック男子サッカー競技の出場国は開催国の日本をはじめ、U-21欧州選手権を勝ち抜いたスペイン、ドイツ、フランス、ルーマニアの5カ国がすでに決定していた。ニュージーランドはそれらに続く6カ国目として、出場権を獲得した。

 これから、その他の地域で出場国が続々と決定することになる。AFC(アジアサッカー連盟)の出場枠3カ国が決定するのは2020年1月、同様にCONMEBOL(南米サッカー連盟)の出場枠2カ国も2020年1月に決定する。CAF(アフリカサッカー連盟)の出場枠3カ国の決定は来月で、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)の出場枠2カ国が決定するのは2020年4月となっている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング