「キャプテン翼」の名場面を再現!? タイの“オーバーヘッドツインシュート”に海外注目

タイでオーバーヘッドツインシュートが生まれた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
タイでオーバーヘッドツインシュートが生まれた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

大空翼と岬太郎の一撃を彷彿させるスーパーゴール 「魔法の瞬間を作り出した」

 タイで圧巻のツインゴールが誕生した。ナコーン・ラーチャシーマは現地時間2日、リーグ第25節で強豪ブリーラム・ユナイテッドと対戦し、2-3で敗れた。リーグ首位を相手に競り負けたものの、世界で人気を誇る日本の漫画「キャプテン翼」を彷彿させるゴラッソに注目が集まっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ナコーン・ラーチャシーマは1-3で迎えた後半アディショナルタイム4分、左サイドからのクロスが右へと流れるも、ペナルティーエリア手前でボールを拾いそこから柔らかなクロスをゴール前に放り込む。ファーポスト付近に飛んだこのボールに対し、FWレアンドロ・アスンソンとMFクリトサダ・ヘムビパトが同時にオーバーヘッドキックを敢行した。

「キャプテン翼」に登場する大空翼と岬太郎の“オーバーヘッドツインシュート”を文字通り実現させた一撃に、海外メディアも注目。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「ナコーン・ラーチャシーマのスターたちが、タイのリーグ1でキャプテン翼の“オーバーヘッドツインシュート”」と見出しを打って報じている。

「キャプテン翼の名場面である、あの信じられない瞬間を生み出した」と綴り、「唯一の違いは、演出者が主人公の大空翼とそのチームメートである岬太郎ではなく、魔法の瞬間を作り出した2人のナコーン・ラーチャシーマの選手だということだ」と指摘している。

 勝ち点3奪取にはつながらなかったものの、「GKにとって止めるのはノーチャンス」と説明し、滅多にお目にかかることができないゴラッソであることを強調。まさしく漫画のようなスーパーゴールは、今後も反響が広がっていきそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング