神戸FWビジャ、“トレードマーク”の高速カウンター弾に海外注目 「感覚を失ってない」

ヴィッセル神戸FWダビド・ビジャ【写真:Getty Images】
ヴィッセル神戸FWダビド・ビジャ【写真:Getty Images】

パスを出した後に約50mを疾走し、FW古橋のラストパスを豪快にフィニッシュ

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャは、28日に行われたJ1リーグ第27節・川崎フロンターレ戦(2-1)でリーグ3位となる今季12点目をマークした。リーグ2連覇中の王者相手に決めた華麗なカウンター弾に、海外メディアも「感覚を失っていないと証明」「トレードマークのゴール」と報じている。

 左太もも裏痛で欠場していた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが戦列復帰した神戸は、0-0で迎えた前半44分にお手本のようなカウンターを炸裂させる。

 自陣のセンターサークル付近でボールを拾ったビジャは、前線右サイドのスペースへパス。FW古橋亨梧が反応してドリブルで持ち込むと、マーカー2人を引き付けて中央へ折り返す。これに約50メートルを駆け上がってきたビジャが左足を振り抜き、狭いニアサイドを豪快にぶち抜いて先制のゴールネットを揺らした。

 スペイン代表の歴代最多得点記録(59ゴール)を誇るビジャは今年12月で38歳を迎えるが、衰えを感じさせないプレーに、スペイン紙「AS」は「ダビド・ビジャは感覚を失っていないことを証明」と見出しを打ち、「過去20年にわたって敵を打ち抜いてきたスペイン代表歴代最多スコアラーは、(前節の)松本山雅戦でも特徴的なゴールを決めた」と称賛。米「ヤフースポーツ」も「トレードマークのゴール」と“ビジャらしさ”を伝えている。

 試合後のフラッシュインタビューでは、Jリーグでも得点王を取りたい気持ちはあるかと問われ、「自分にとって一番大事なのは、このゴールがチームの勝利につながっていること。これからもチームに貢献できるような活躍をしていきたい」と“フォア・ザ・チーム”の精神を主張したビジャ。中位を推移している神戸がラストスパートで巻き返すには、百戦錬磨のストライカーの力が不可欠だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング