日本代表MF久保、W杯予選初出場! 18歳98日で予選最年少出場記録を39年ぶり更新

日本代表MF久保建英がW杯予選初出場!【写真:高橋学】
日本代表MF久保建英がW杯予選初出場!【写真:高橋学】

風間八宏氏の持つ19歳67日のW杯予選最年少出場記録を39年ぶりに更新

 森保一監督率いる日本代表は、10日にカタール・ワールドカップ(W杯)のアジア2次予選でミャンマーと対戦。雨が降りしきる劣悪な環境のなか、MF久保建英(マジョルカ)が2点リードの後半36分から途中出場し、18歳98日でW杯予選最年少出場の記録を39年ぶりに更新した。

 日本は敵地で行われたミャンマー戦、前半16分にMF中島翔哉(ポルト)が左サイドからカットインして右足を振り抜き、豪快なミドルシュートでネットを揺らす。さらに、同26分にはMF堂安律(PSV)のクロスにMF南野拓実(ザルツブルク)のヘディングシュートが決まり、追加点を奪った。

 2点のリードを奪って迎えた後半、ミャンマーに攻め込まれる時間帯もあった日本だが、MF伊東純也(ヘンク)、FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)を投入して反撃モードへ。さらに、後半36分には18歳98日の久保が中島に代わってピッチに立ち、風間八宏氏(現・名古屋グランパス監督)の持っていたW杯予選最年少出場記録(19歳67日)を39年ぶりに更新した。

 久保は右サイドハーフに入ってプレーしている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング