英国の新星ら豪華顔ぶれ… 選手協会ベスト11から漏れた“失意のベスト11”を海外選出

(左から)サンチョ、タグリアフィコ、オーバメヤン、フェルナンジーニョ、D・シルバ【写真:Getty Images】
(左から)サンチョ、タグリアフィコ、オーバメヤン、フェルナンジーニョ、D・シルバ【写真:Getty Images】

サンチョやオーバメヤン、D・シルバなど錚々たるメンバーをセレクト

 国際プロサッカー選手協会(Fifpro)が選ぶ世界のベストイレブン候補選手55人が5日に発表された。しかし、英サッカー専門メディア「Squawka」ではこのメンバーリストから意外にも選外となったプレーヤーのなかから選んだ「失意のベストイレブン」をピックアップしている。

 同賞は候補55人の中から投票によって、GK(1名)、DF(4名)、MF(3名)、FW(3名)のポジションごとに選出される。今回は17選手が初のノミネートを飾り、トットナムの韓国代表FWソン・フンミンはアジア人として初めて候補に名を連ねた。

 昨季に印象的な活躍をした選手が多く顔を揃えたなかで、枠の問題で残念ながら選ばれなかった選手も当然いる。「Squawka」ではこの55名のリストから漏れた「失意のベストイレブン」を紹介している。

 ここでは昨季UEFAチャンピオンズリーグ4強入りを果たしたアヤックスから最多の4人が選ばれている。ナイジェリア代表GKアンドレ・オナナを筆頭に、モロッコ代表DFノゼア・マズラウィとアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコの両サイドバック、そしてモロッコ代表アタッカーのFWハキム・ジイェフだ。優勝したエールディビジはもちろん、欧州の舞台でもインパクトを残した選手たちだ。

 その他にもビッグネームの名前がずらりと揃っている。プレミア王者のマンチェスター・シティから元スペイン代表MFダビド・シルバとブラジル代表MFフェルナンジーニョ、欧州王者リバプールからも主将のイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンとカメルーン代表DFジョエル・マティプの2人ずつが選ばれている。

 その他には、昨季プレミア得点王を獲得したアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、CL準優勝トットナムのベルギー代表DFヤン・フェルトンゲン、ドルトムントでブレイクしてイングランド代表にも定着するMFジェイドン・サンチョといった顔ぶれが並んだ。本家ベストイレブンにも引けを取らないほどの豪華な顔ぶれが揃う11人となった。

「Squawka」選出の「失意のベストイレブン」は以下のとおり。

GK
アンドレ・オナナ(アヤックス/カメルーン代表)

DF
ノゼア・マズラウィ(アヤックス/モロッコ代表)
ジョエル・マティプ(リバプール/元カメルーン代表)
ヤン・フェルトンゲン(トットナム/ベルギー代表)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/アルゼンチン代表)

MF
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール/イングランド代表)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ/ブラジル代表)
ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ/元スペイン代表)

FW
ハキム・ジイェフ(アヤックス/モロッコ代表)
ピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル/ガボン代表)
ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/イングランド代表)

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング