本田圭佑のMLS移籍情報に一時騒然 現地では即座に「本田はミランの契約を尊重したい」と否定

 イタリアのサッカー情報サイト「Calciomercato.com」は16日、「ミラン本田 MLS、真実ではない」という見出しで記事を掲載。「アメリカの報道により、秘密は漏れたが、ニュースは認めなかった。ホンダはMLSダラスの本拠地、トヨタスタジアム(テキサス)に何時間かいたが、交渉は全くしていないという」と報じている。

 フィリッポ・インザーギ新監督は就任会見で4-3-3システムの両ウイングか左のボランチでテストする方針を示していたが、レギュラーの保証はしていない。そこで新天地挑戦か、という推測もイタリアで流れたが、「本田はアメリカで冒険を(プレーする)する気は全くなく、ミランの契約を尊重したい。(2017年まで契約がある)インザーギ監督の下で早くプレーしたいと思っている」と報じ、来季ミラン残留を強調している。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
※ワールドカップ期間中、記事内で扱うシーンの一部はFIFAワールドカップ公式動画配信サイト&アプリ『LEGENDS STADIUM』のマルチアングル動画、選手毎のスタッツデータで確認できます。
詳しくは、「LEGENDS STADIUM 2014 – FIFAワールドカップ公式動画」まで

トレンド

ランキング