「ネイマールはもうスターではない」 移籍騒動の末のPSG残留、英識者が辛辣な見解

パリ・サンジェルマンのFWネイマール【写真:Getty Images】
パリ・サンジェルマンのFWネイマール【写真:Getty Images】

元チェルシーのバーリー氏、PSGファンの心を取り戻すのは難しいと主張

 今夏にバルセロナ復帰の可能性が取り沙汰され、大きな話題を呼んだパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールだったが、移籍市場終了の9月2日までに移籍が実現することはなかった。これによりネイマールは9月の代表ウィーク終了後にPSGへ戻ることになるが、かつてチェルシーなどでプレーした元スコットランド代表MFクレイグ・バーリー氏は、ネイマールがPSGファンの心を取り戻すのは簡単なことではないと話している。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じた。

 ネイマールは今オフ、かねて希望していたバルサへの復帰に向けて、PSGから退団したい意向を伝えていた。しかしバルサは、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを獲得し、補強資金で厳しい状況になっていた。

 支払いを2回に分けることに加え、3選手をトレードに盛り込む契約を提示したが、PSGは1億7000万ユーロ(約200億円)を一括で払うよう要求し、2クラブは合意に至らなかったと報じられている。ポケットマネーから1800万ポンド(約23億円)を出すとの提案をネイマール自らしたようだが、最終的にはPSG残留を強いられる形となった。

 バーリー氏は米スポーツ専門局「ESPN」のインタビューで、ネイマールが無理やり契約を成立させようとしたことを批判。さらに、これからPSGに戻ることになる同選手だが、ファンの心を取り戻すのは難しい仕事になるとの見解を示している。

「彼がもはや、街のスターではないということは疑う余地もない。なぜなら、(フランス代表FW)キリアン・ムバッペがスターだからだ。彼はファンからのサポートを失っただけでなく、ロッカールームからのサポートも失うだろう。いい選手が戻ってきたら、その選手に『さあ、仕事に戻って僕たちを助けてくれよ』と言うが、彼はそれほどスターではないんだよ。彼があれこれナンセンスなことをやっている間に、若くて素晴らしいフランス人選手にその役を取られてしまったのだから」

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング