VAR導入のルヴァン杯をチェアマン視察 「スピード感を持って準備を進めたい」と意欲

Jリーグの村井チェアマンがVAR導入について言及した【写真:Getty Images】
Jリーグの村井チェアマンがVAR導入について言及した【写真:Getty Images】

村井満チェアマンが浦和と鹿島の一戦を視察 「順調に進んでいる」と手応え語る

 各地で4日に行われたYBCルヴァン杯の準々決勝第1戦で、Jリーグでは初の試みとなるVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入された。Jリーグの村井満チェアマンは、埼玉スタジアムで行われた浦和レッズと鹿島アントラーズの試合を視察。それを受けて「試合前の準備から確認もしてきたが、順調に進んでいる」と話した。

 鹿島が3-2で勝利したこの試合では、木村博之レフェリーがレシーバーに手を当ててVARと交信する姿は何度か見られたが、ピッチ脇で映像を確認するオンフィールドレビューが実施される機会はなかった。しかし、アシスタントレフェリーのフラッグアップのタイミングからは、オフサイドの監視を行うVARとの連携がされていることが明らかだった。

 村井チェアマンは、オンフィールドレビューがなかっただけに「今日の試合で何かを言うのは難しい」としたものの、「試合前の準備から確認もしてきたが、順調に進んでいる」と手応えを話した。実際に、他会場ではオンフィールドレビューが行われた場面もあっただけに「他の会場の試合も後で映像で確認する」と話している。

 また、村井チェアマンはVAR導入について「プレーする選手との信頼関係や安心感、サポーターの方や、レフェリー間でもVARが支えてくれるということが良い影響を与えるかもしれない。様々な立場の人にとって、プラスになればいい」と話した。

 早ければ来季からリーグ戦での導入という可能性もあるが、村井チェアマンは「最終的に、このルヴァン杯での検証結果を見ないといけない」と慎重なコメント。それでも「世界の趨勢を見ても、VARが主流になっている。しっかりとスピード感を持って準備を進めたい」と、早期導入に意欲を示した。

 すでに世界的にはトップリーグのスタンダードとなりつつあるVARだが、日本でもその第一歩が踏み出された。課題を解決しつつ、質も高める準備が進むことに期待したい分野だ。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング