マジョルカ久保建英が「認められるには…」 クラブ“日本人第一号”大久保嘉人からの金言

レンタル移籍の久保建英(左)に、かつてマジョルカでプレーした大久保嘉人から金言【写真:Getty Images】
レンタル移籍の久保建英(左)に、かつてマジョルカでプレーした大久保嘉人から金言【写真:Getty Images】

日本人選手として初めてマジョルカでプレーした大久保は「結果」の重要性を説く

 日本代表MF久保建英は、今夏に名門レアル・マドリードから同じスペイン1部マジョルカへ期限付き移籍。クラブ史上3人目の日本人選手となり、現地時間9月1日のリーグ第3節バレンシア戦でのデビューが期待される。マジョルカの“日本人選手第1号”であり、2017年にはFC東京でともにプレーした元日本代表FW大久保嘉人(ジュビロ磐田)は、18歳のレフティーに「楽しみ」と期待を寄せる。

 かつては日本人選手にとって「鬼門」とされたスペイン。日本が誇る最強レフティーの元日本代表MF中村俊輔(横浜FC)でさえも、エスパニョールでプレーした2009-10シーズンはリーグ戦13試合0得点に終わった。近年はMF乾貴士(エイバル)が結果を残し、今季MF香川真司(サラゴサ)、MF柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)、FW岡崎慎司(マラガ)と日本代表戦士が2部クラブに所属するなど注目度が高まるなか、世界最高峰のリーガ・エスパニョーラ1部でのデビューを目指すのが、マジョルカの久保だ。

 FC東京からレアルへ完全移籍した久保は、今年8月22日にマジョルカへの1年間のレンタルが決定。大久保、元日本代表MF家長昭博(川崎フロンターレ)に次ぐ、クラブ史上3人目の日本人選手となったが、アタッカーがスペインの地で認められるのは何が必要か。マジョルカで2004-05、05-06シーズンにプレーした大久保は、自身の経験を基にこのように証言する。

「認められるには? 得点だけです。それはもうあっち(スペイン)でははっきりしています。点が取れなければ使われないし、『どうぞ移籍してください』という感じですから。ゴールを取ると取らないでは、全然違います。最初はボールなんて出てこない。でも、ゴールを取ったら、すぐに『メシ行こうや』と。もうチームメートの態度もガラッと変わりました(笑)。やっぱり厳しい世界だなというのは感じましたね。でも、結果を出せばものすごく認めてくれる世界です」

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング