ユナイテッドOB、古巣の“タイトル奪還”は数年後と予想 「近道は絶対にない」

2013年から衰退の一途をたどっているユナイテッド【写真:Getty Images】
2013年から衰退の一途をたどっているユナイテッド【写真:Getty Images】

ネビル氏が古巣の再建について言及 「あと4回か5回の移籍市場で物事を正し…」

 マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏は、タイトル奪還を目指す古巣について、あと数年でリバプールやマンチェスター・シティとのプレミア優勝争いに挑戦できるようになると述べている。英紙「メトロ」が伝えた。

 ユナイテッドは、最後にプレミア制覇と果たした2013年から衰退の一途をたどり、18年にはジョゼ・モウリーニョ前監督の下で2位フィニッシュを果たしたものの、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いる王者シティとの勝ち点差は19ポイントとその差は大きかった。

 昨年末にモウリーニョ監督の退任を受けて、現役時代に活躍したユナイテッドの暫定監督の座に就いたオレ・グンナー・スールシャール監督。就任から11戦負けなしで駆け抜けてチームを立て直し、その後に正式監督として契約を結び直した。そんなレジェンド率いるユナイテッドは今季リーグ第3節にしてクリスタルパレスに1-2で敗れ、黒星を喫した。

 ユナイテッド時代に8回のプレミア優勝を果たしたネビル氏は、現在のチームが再びこのレベルに到達するまでにはあと数年かかると見込んでいるようだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューで、こう語っている。

「ユナイテッドとオレ・グンナー・スールシャールにとって、移籍市場で最も大事なのはミスを犯さないこと。多くのビジネスをするのではなく、正しいタイプの選手を確実に獲得するということだ。まだまだ道のりは長いように見えるかもしれないが、おそらくあと4回か5回の移籍市場で、物事を確実に正し、リバプールやマンチェスター・シティのようなチームにチャレンジするために、彼(スールシャール監督)が求めるタイプのチームとなるだろう」

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング