久保、マジョルカ訪問で地元紙直撃に「興奮している」 CEO公言「1年間のレンタル」

マジョルカに期限付き移籍に迫る日本代表MF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
マジョルカに期限付き移籍に迫る日本代表MF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

マジョルカのモランゴCEOは1年間のレンタルと、ソシエダ戦出場に向けた動きを公言

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は、スペイン1部マジョルカへの期限付き移籍が決定的とされている。現地時間22日にはマジョルカ入りしており、現地紙「Diario de Mallorca」はクラブオフィスを訪れた久保を直撃。「とても興奮している」と語ったと報じ、マヘタ・モランゴCEOも1年間のレンタルだと認めているという。

 久保はトップチームに帯同してプレシーズンマッチ計4試合に途中出場。その後はトップチームの練習とカスティージャ(レアルB)の試合を兼任してきた。

 ベルギー代表MFエデン・アザールらトップチームに怪我人が続出しているため、20日、21日と練習に参加したなか、スペインテレビ局「La Sexta」の番組「Jugones」が「久保はマジョルカに行く」とマジョルカへの期限付き移籍の可能性を指摘した。

 そして、翌22日に事態は一気に進展した。久保がマジョルカの空港に降り立った画像を複数のスペインメディアが公開。「AS」紙が「久保建英はローンでマジョルカでプレーする。木曜日にメディカルチェックをパスし、シーズンに向けてコミットする」、「マルカ」紙も「数時間後に移籍が正式発表へ」と報じ、クラブの発表待ちの段階に入っていた。

 そんななか、マジョルカの日刊紙「Diario de Mallorca」は、クラブオフィスを訪れた久保を直撃。流暢なスペイン語で受け答えする動画とともに、「とても興奮している」と語ったと伝えている。

 また、記事によれば、モランゴCEOは「1年間の移籍」とレンタル内容を明かし、「日曜日にプレーできるように動いている」と25日のリーグ第2節レアル・ソシエダ戦の出場を視野に入れていると説明したという。

 “マジョルカ久保”の誕生は、まさに秒読み段階となっている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング