王者ユーベに不安要素? “ヘビースモーカー”サッリ監督が肺炎…開幕戦ベンチ入りが微妙に

肺炎と発表されたユベントスのサッリ監督【写真:Getty Images】
肺炎と発表されたユベントスのサッリ監督【写真:Getty Images】

プレシーズンマッチを体調不良で欠席 検査後にクラブ公式が肺炎と発表

 イタリア王者ユベントスは今週末にセリエAの開幕戦を迎えるが、新監督がベンチ入りできるかが微妙な情勢になった。ユベントス公式サイトが、マウリツィオ・サッリ監督の状況について説明している。

 サッリ監督は、新シーズンに向けた最後のプレシーズンマッチとなった17日のトリエスティーナ戦で、「体調不良」という発表でベンチ入りをしていなかった。その後の検査の結果、サッリ監督の病状は肺炎だと判明し、薬が処方されたとしている。

 この結果、ユベントスはサッリ監督が開幕戦のベンチに入れるかどうかは未定だとした。24日の開幕戦ではパルマと対戦する。

 サッリ監督は現代では少なくなったヘビースモーカーとしても知られる。かつてユベントスを指揮したマルチェロ・リッピ監督のようにベンチ脇で葉巻をくわえるわけにはいかないが、その話題はイタリアでも有名なものだった。

 9連覇に挑むユベントスの指揮官は、開幕戦のベンチに座れるのか。シーズン開幕を前にいきなり不安要素が顔を出してしまった模様だ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング