バルサB安部、2人抜き華麗ドリブルから移籍後初得点 クラブ速報「個人技でゴール」

バルセロナBで初ゴールを記録した安部裕葵【写真:Getty Images】
バルセロナBで初ゴールを記録した安部裕葵【写真:Getty Images】

18日の親善試合リャゴステラ戦に先発した安部が前半2分にドリブル突破からゴール

 今夏、鹿島アントラーズからバルセロナに加入した日本代表MF安部裕葵が、現地時間18日にバルセロナBの一員として親善試合リャゴステラ戦に先発出場し、前半2分に加入後初ゴールをマークした。

 7月15日、バルセロナ移籍が正式発表された安部は4年契約を結び、当面はバルセロナB(実質3部)でプレーする予定となっている。シーズン開幕に向けて調整を進めるなか、18日のリャゴステラ戦で先発した安部が開始早々に存在感を放つ。

 前半2分、左サイドでボールを受けた安部はそのままドリブルを開始。相手2人に囲まれるも細かいタッチでボールを運び、力強いカットインから2人の間に割って入ると右足を一閃。低弾道の鋭いシュートでネットを揺らした。

 これが安部にとってバルセロナ移籍後初ゴール。バルセロナB公式ツイッターはすぐさまチームの先制弾を速報し、「個人技でヒロキがゴーーール。バルサBで日本人が初ゴール(1-0)」と興奮気味に伝えている。また日本語版では「安部裕葵、バルサBで初ゴール! その得点シーンをエンジョイ!」と動画付きで報じた。

 加入から約1カ月、安部がスペインの地で着実に存在感を高めている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング