ネイマール獲得画策のレアル、PSGの“ヴィニシウス差し出し要求”を即拒否か

(左から)パリ・サンジェルマンFWネイマール、レアル・マドリードFWヴィニシウス【写真:Getty Images】
(左から)パリ・サンジェルマンFWネイマール、レアル・マドリードFWヴィニシウス【写真:Getty Images】

レアルは金銭+ベイルとハメスの譲渡を準備もPSGのレオナルドSDはヴィニシウス推し

 パリ・サンジェルマン(PSG)のレオナルドSD(スポーツディレクター)はブラジル代表FWネイマール獲得に動くレアル・マドリードに対し、“ネイマール二世”との呼び声高いFWヴィニシウス・ジュニオールを要求しているという。しかし、スペイン紙「AS」によれば、レアルはPSGの要求を拒否。世界が注目する去就問題の行方はいまだ平行線を辿っているようだ。

 レアルは悲願のターゲットとされるネイマール獲得に向け、金銭に加えてウェールズ代表FWギャレス・ベイルとコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの譲渡というオファーを準備していると伝えられている。戦力外となったビッグネームを手放し、なんとしてでもネイマールを引き抜こうと動いている。

 その一方で、PSGが興味を持っているレアルの選手はベイルとハメスではなく、神童ヴィニシウスだ。特に、ブラジル人SDのレオナルド氏がヴィニシウスに惚れ込んでおり、ネイマールの取り引きに含めるよう要求しているとされた。スペイン紙「マルカ」では、ヴィニシウスのほかにも、クロアチア代表MFルカ・モドリッチやブラジル代表MFカゼミーロの獲得も夢見ていると報じられた。

 だが、レアルは未来のスター候補であるヴィニシウスの放出はあっさりと拒否したという。両者の思惑は一致せず、交渉は進展していない様子だ。

 同じくネイマール獲得を目指すバルセロナもブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを含めたオファーを出しているようだが、PSGがバルセロナで興味を持っているのはクロアチア代表MFイバン・ラキティッチやフランス代表FWウスマン・デンベレ、ポルトガル代表DFネルソン・セメドのほうだ。

 去就問題に揺れるネイマールに対してPSGサポーターも愛想をつかせており、リーグ・アン開幕戦のスタジアムには「出ていけ」という横断幕が掲げられて物議を醸している。残り2週間あまりの移籍市場で、どのような結論に達するのだろうか。

【PR】2019-2020シーズンのプレミアリーグが見られるのはDAZNだけ!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング