神戸イニエスタが「キレた」と話題 一触即発…「日本人が怒らせた」珍場面に海外脚光

神戸のMFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】
神戸のMFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】

イニエスタが怒りの感情露わ、大分DF岩田を小突いてもみ合い寸前の騒動

 ヴィッセル神戸は10日のJ1リーグ第22節、敵地での大分トリニータ戦で1-1と引き分けた。この試合で神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが怒りの感情を露わにする場面があり、海外メディアも注目を寄せて「イニエスタがキレた」「珍シーンが起きた」と話題になっている。

 試合は前半32分、イニエスタの突破からゴールが生まれる。敵陣でイニエスタがドリブルを仕掛けて守備網を突破し、相手ペナルティーエリア手前まで侵入。相手を複数人引き付けて横パスを通し、FW古橋亨梧が巧みな反転から豪快に右足シュートを叩き込んだ。これにはイニエスタも思わずガッツポーズを見せている。

 ところが後半3分、自陣でボールを奪われた神戸は速攻を食らい、最後は相手FWオナイウ阿道に被弾。1-1のまま一進一退の攻防が続き、後半41分にそれは起きた。

 大分の日本代表DF岩田智輝が右サイドでボールをキープした際、イニエスタが素早く寄せてボール奪取を狙う。イニエスタが岩田の背後からボールに触ろうと足を伸ばしたが、勢い余って岩田の足をキックする形となった。

 悶絶の表情を浮かべた岩田は、ボールを抱え込むようにしてピッチに倒れ、即座に立ち上がろうとした時、プレーを続けていたイニエスタが再びチェック。これに怒りを露わにした岩田が怒りの形相でイニエスタに詰め寄ると、これに応戦したイニエスタが左手を突き出して岩田を小突き、一触即発のムードが漂った。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング