C・ロナウド2世のFWフェリックス、“本家”の前で大活躍! 「スターが生まれた」

アトレチコFWフェリックス【写真:Getty Images】
アトレチコFWフェリックス【写真:Getty Images】

アトレティコの新戦力フェリックス、ユベントス戦で2ゴール演出

 アトレチコ・マドリードに新加入したポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの株価は日に日に上がる一方だ。現地時間10日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のユベントス戦で鮮やかな2本のシュート(記録上は1ゴール)を決めた19歳の活躍に、スペインメディアも「スターが生まれた」と称賛している。

 フェリックスは比較されることも多いユベントスの同胞FWクリスティアーノ・ロナウドの目の前で、試合の主役に躍り出た。前半24分、右サイドのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーの低弾道クロスに右足で合わせてゴール。シュートは目の前にいたフランス代表MFトマ・レマルをかすめていたため記録上はレマルのゴールとなったが、フェリックスの勢いはこれだけでは止まらない。

 ユベントスのMFサミ・ケディラにミドルシュートを決められ、同29分に一度は同点とされるもの、そのわずか4分後だった。レマルからの浮き球パスに反応してエリア内に飛び込んだフェリックスは、背後からのボールを滑り込みながらダイレクトボレーで合わせて再びネットを揺らした。

 鮮やかなシュートを2本で観客を魅了したフェリックスの活躍に、スペイン紙「マルカ」は「スターが生まれた。フェリックスは試合の度に彼のレベルを見せつけている」と報じた。さらに「プレシーズンで印象的なパフォーマンスを続けている」「アトレチコが1億2600万ユーロ(約150億円)を支払った理由を証明している」と賛辞が並んだ。

 偉大な先輩であるC・ロナウドの目の前で強烈なインパクトを残したフェリックス。アトレチコは得点源だったフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(→バルセロナ)がチームを去ったが、この19歳の神童が大爆発の予感を漂わせている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング