神戸ビジャ、巧みな箸使いで「ラーメンタイム」 私服ショットに反響「美しい」「うまそう」

ヴィッセル神戸FWビジャ【写真:Noriko NAGANO】
ヴィッセル神戸FWビジャ【写真:Noriko NAGANO】

今季リーグ戦18試合10ゴールと活躍、「日本探索」でラーメン堪能

 J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャが自身の公式インスタグラムを更新し、巧みに箸を使って麺をすくい上げて撮影した「ラーメンタイム」の1枚を公開して国内外のファンから反響を呼んでいる。

 神戸は現在リーグ戦15位と苦戦しているが、そのなかで気を吐いている1人がビジャだ。21試合を終えて総得点32のなか、ビジャは18試合出場でチーム最多10ゴールを叩き出している。得点ランキング3位につけ、第17節名古屋グランパス戦(5-3)の一撃がJ1リーグ6月のベストゴールを受賞するなど強烈なインパクトを放つ。

 そんなビジャが日本での生活にすっかり溶け込んでいる様子を窺わせる1枚の写真をアップした。4日に更新されたインスタグラムでは、ピンク色のTシャツにサングラスを挟んだスペイン人FWが、ラーメンを食している様子を捉えている。巧みな箸使いで麺をすくい上げているカメラ目線ショットを添えたビジャは、ハッシュタグで「ラーメン」「ラーメンタイム」「日本探索」「日本食」「日本文化」と記した。

 日本人にとっては日常とも言えるワンシーンだが、「どこですか?」「箸の使い方が上手い」などのメッセージが届いている。その一方、海外ファンは様々な反応を見せ、「フォークとスプーンは?」「美しい」「うまそう」「カッコイイ」などの声が上がった。

 苦戦中のチームにあって得点王も狙える活躍を見せているビジャ。要所で見せるテクニックは観客の度肝を抜くものばかりだが、日本生活にすっかり馴染んだストライカーのさらなる活躍に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング