「ああ、まるでロッベンだ!」 Jリーグ豪快ドリブル弾に欧州驚愕「素晴らしい形で模倣」

鳥栖のMFアン・ヨンウ【写真:Getty Images】
鳥栖のMFアン・ヨンウ【写真:Getty Images】

鳥栖MFアン・ヨンウ、右サイドラインから鋭いドリブルで切れ込んでゴール

 サガン鳥栖は4日のJ1リーグ第21節の大分トリニータ戦で2-2と引き分けたなか、鳥栖MFが本拠地で叩き込んだ豪快な一撃が「ああ、まるでロッベンだ!」と海外メディアに絶賛されている。

 前半はともに決定打を欠いて0-0で終えたなか、後半早々の2分に鳥栖のホーム駅前不動産スタジアムが沸く。大分DF三竿雄斗のキックをMF福田晃斗がブロック。右のタッチライン間際でこぼれ球を拾ったのが、今季で鳥栖在籍3年目を迎えている27歳の韓国人MFアン・ヨンウだ。

 そのまま右サイドのライン際でボールを持ち運んだアン・ヨンウは中央へ方向転換。利き足の左で細かくタッチしながらカットインした一方、大分側も一斉に帰陣してブロックを形成し、アン・ヨンウの前に3人が立ちはだかった。しかし、韓国人MFはペナルティーエリア手前まで侵入すると、思い切りよく左足を一閃。絶妙なカーブをかけた一撃に相手GK高木駿の反応も間に合わず、圧巻のシュートをゴール左隅に叩き込んだ。

 試合はそこから打ち合いの様相を呈し、大分の三竿、DF岩田智輝に連続被弾。1-2と劣勢の鳥栖だったが、終了間際の後半45分にFW金崎夢生が同点弾を決めて2-2のドローに持ち込んだ。

「ああ、まるでロッベンだ!」と報じたのは欧州メディア「Omnisport」だ。昨季限りでバイエルンを退団し、現役引退を発表した元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが十八番としていたのが、右サイドからカットインして左足で放つ一撃だった。記事では「アリエンは、これを何度も何度も決めた。そして、その原型は素晴らしい形で模倣されている。アン・ヨンウがアリエン・ロッベンの動きでゴールを決めた」と絶賛している。

 勝ち点1獲得した鳥栖だが、降格圏のリーグ戦17位と苦戦中。直近7試合連続出場で2ゴールをマークしているアン・ヨンウが、さらなる輝きを放つだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング