神戸イニエスタ、痛恨のPK失敗も…こぼれ球から華麗な“リフティング弾”にファン衝撃

神戸MFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】
神戸MFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】

G大阪戦で倉田、パトリックに被弾も… イニエスタの一撃で盛り返して2-2ドロー

 ヴィッセル神戸は2日のJ1リーグ第21節でガンバ大阪と対戦し、2点リードされる苦しい展開となるも、終盤の連続ゴールで2-2ドローに持ち込んだ。反撃の狼煙となる一撃を決めた神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタだが、痛恨のPK失敗から華麗な“リフティング弾”でネットを揺らし、ファンに衝撃を与えている。

 試合はアウェーのG大阪に主導権を握られた。前半8分、MF矢島慎也が約35メートルのロングパスを送ると、抜け出したMF倉田秋が流し込んで先制ゴール。さらに後半8分、倉田のラストパスから今夏古巣に復帰したFWパトリックが追加点を奪われた。

 劣勢の神戸だったが、後半34分にFW古橋亨梧がG大阪MF福田湧矢に倒されてPKを獲得。キッカーをイニエスタが務めたなか、ゴール左にシュートを放つもこれは日本代表GK東口順昭にコースを読まれて防がれてしまう。PKはストップされて失敗に終わったが、そのこぼれ球がペナルティーエリア中央のイニエスタへ渡ると、浮き球を右足で冷静にトラップし、すぐさま左足を振り抜いてゴールを決めた。

 直後の同39分、神戸はDF西大伍のクロスから最後はMF増山朝陽がヘディングで同点ゴールを奪い、最終的に2-2で引き分けている。イニエスタのゴール映像をJリーグ公式YouTubeチャンネルが公開した一方、神戸の公式ツイッターでは賛辞が並んだ。ファンも衝撃を受けたようで、「絶妙なボールコントロール」「やっぱりイニエスタ」「すごい!」「うめえ…」「PK外してウマっておもったのは初めて」と様々な意見が寄せられている。

 両者痛み分けに終わったなか、G大阪はリーグ戦暫定11位をキープ。一方の神戸は15位から暫定14位に浮上した。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング