久保建英、「レアルBスタート」に海外疑問視 「ベストプレーヤーにもかかわらず…」

レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Getty Images】

フェネルバフチェ戦後、ジダン監督が久保のBチームでのスタートを明言

 レアル・マドリードは現地時間7月31日にアウディカップ3位決定戦に臨み、フェネルバフチェを5-3で下した。プレシーズン初勝利を収めたなか、日本代表MF久保建英は後半28分から途中出場。試合後の会見ではジネディーヌ・ジダン監督は久保の今後について言及したが、海外メディアもその発言に注目している。

 序盤はフェネルバフチェにペースを握られ、前半6分に先制されたレアルだが、元フランス代表FWカリム・ベンゼマが同12分、27分にゴールを決めて逆転に成功。しかし同35分には再びフェネルバフチェにゴールを許し、2-2の同点で前半を終えた。

 後半も点の取り合いとなり、レアルがベンゼマのハットトリックとスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスのゴールで4-3とリードした後半28分、久保がトップ下に投入される。その後、レアルはドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスが加点。後半42分には久保が鋭い右足ミドルを放ったが、GKアルタイ・バユンドゥルによって防がれ、5-3で試合は終了した。レアルにとって、今夏のプレシーズン初の勝利となっている。

 試合後の会見ではジダン監督が久保について「将来的に我々のスカッドで重要な選手になると確信している」と述べ、さらに「カスティージャ(レアルB)でプレーさせ、トレーニングは我々(トップチーム)とともに行うことを考えている」と明言した。

 この発言に海外メデイアも注目。サッカー専門メディア「Be Soccer」スペイン語版は「久保はプレシーズンのベストプレーヤーであることにもかかわらず、カスティージャでスタートすることになる」と疑問を投げかけ、スペイン紙「スポルト」は「フランス人監督は日本人が送るべき理想的なシーズンについて説明した」とジダン監督のコメントを伝えている。

 好パフォーマンスを維持する久保がどのカテゴリーでプレーするかは、海外でも注目を浴びるトピックとなっているようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング