横浜FC松井大輔、圧巻オーバーヘッド弾に勲章 Jリーグ公式“週間ベストゴール”に認定

横浜FCのMF松井大輔【写真:Getty Images】
横浜FCのMF松井大輔【写真:Getty Images】

千葉戦で決めた勝ち越しのアクロバティック弾が「週間トップ10ゴール」で1位を獲得

 横浜FCの元日本代表MF松井大輔は、27日のJ2リーグ第24節ジェフユナイテッド千葉戦で勝ち越しのオーバーヘッド弾を決めるなど2ゴールを挙げ、3-1の勝利に貢献した。38歳が披露したアクロバティックな一撃は選手間でも反響を呼んでいるが、Jリーグ公式ツイッター選出の「週間トップ10ゴール」でも見事に1位に輝いている。

 千葉戦で2試合連続スタメンとなった松井は、1点ビハインドで迎えた前半36分、ゴール前のこぼれ球を押し込み、今季リーグ戦初得点で同点とする。そして華麗な一撃が生まれたのは、拮抗した展開のなかで迎えた後半20分だった。

 横浜FCは右サイドでスローインを獲得。DF北爪健吾がロングスローでペナルティーエリア中央にボールを放り込む。ニアサイドでの競り合いからワンバウンドして浮いたボールに松井が反応。ジャンプ一番、体を捻りながら右足で豪快なオーバーヘッドシュートを繰り出し、鮮やかに逆転のゴールネットを揺らした。

 38歳とは思えない身のこなしでのアクロバティック弾に、2010年の南アフリカ・ワールドカップで共闘した日本代表FW岡崎慎司が拍手の絵文字で反応。同じアテネ五輪世代の元日本代表MF石川直宏氏(現・FC東京クラブコミュニケーター)も「何あのゴール」、ヴァンフォーレ甲府のMF武岡優斗も「パイセン! ハンパなさ過ぎです」と驚きの声を上げていた。

 Jリーグの中継を担当する「DAZN」の「J2第24節 DAZN週間スーパーゴール」では、同僚のMFレアンドロ・ドミンゲスらを抑えてベストゴールに選出。また、Jリーグ公式ツイッターの企画である「週間トップ10ゴール」でも、期間内の“ベストのスーパーゴール”として見事1位に輝いている。

 横浜FCは今夏にジュビロ磐田から元日本代表MF中村俊輔が加入。そのなかで熟練アタッカー松井がどのような活躍を見せるのか、今後のプレーからも目が離せない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング