「バルサが勝ったが…」 スペイン人記者が笑顔の白旗宣言「完璧だったのはイニエスタ」

ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】
ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】

古巣との初対決を迎えたイニエスタ、色褪せぬ好パフォーマンスでバルセロナを翻弄

 ヴィッセル神戸は27日、Rakuten Cupでバルセロナと対戦。試合には0-2で敗れたものの、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは古巣との初対決で色褪せぬ輝きを放っていた。現地取材に訪れていたスペイン人記者は、イニエスタが披露したパフォーマンスについて「試合はバルセロナが勝ったが、完璧なプレーヤーだったのは、イニエスタだった」と、笑顔で“白旗宣言”をした。

 イニエスタはバルセロナの下部組織で育ち、2002年にトップデビューを果たすと、世界最高のポゼッションサッカーと謳われた“ティキ・タカ”の中核をなす選手として、長年にわたりレギュラーに君臨し続けた。18年夏に22年間在籍してきたバルセロナを退団し、神戸での新たなチャレンジを決断。そして1年後の今夏、ついに古巣との初対決が実現することになった。

 前半45分のみの出場となったイニエスタだが、自らバルセロナのレジェンドであることを証明するかのように、序盤から別格の存在感を放つ。前半4分、ペナルティーエリア手前でパスを受けると、鋭く反転して左足の強烈なミドルシュートを放つ。これはわずかにゴール左へ逸れたが、正守護神であるGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンを脅かす一撃となった。

 さらに前半10分、自陣でボールを保持したイニエスタがノールックで右サイドに大きなロングフィードを展開すると、走り込んでいたMF小川慶治朗へのピンポイントパスとなり、ドリブル突破からのビッグチャンスへとつなげた。神戸はボールをイニエスタに集め、バルセロナ側もイニエスタにパスが通ることを想定してプレッシングをかけるが、ほとんどボールを失うことなく起点になり続けた。

 後半に入ると、両チーム揃って大幅な選手交代を敢行したが、神戸はイニエスタがピッチを退いたことで、前半引けを取っていなかったポゼッションが難しくなり、一転してバルセロナがボール支配率を高める展開に。最終的には途中出場のFWカルラス・ペレスの2発に沈むことになった。メンバーを丸ごと入れ替えても、質の高いパスワークを一貫してできていたバルセロナとの地力の差が浮かび上がる結果となった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング