神戸の新加入DFフェルマーレンは“バルサ化”の鍵 「ポゼッションサッカーのポイントに」

クラブからは「バルセロナで学んだことをここで生かしてほしいと言われている」

 そして、フェルマーレンは「まずはありがとうと言いたい。非常に温かい出迎えをしてくれた。できることのすべてをクラブのためにしていきたい」と感謝の弁を述べた後、元バルセロナの選手が多く在籍していることについて、「そのようなチームで仕事ができることを幸せに思っている。アンドレス(・イニエスタ)、ビジャ、サンペールたちと一緒に仕事ができるということ、そのなかに私も入っていけるということ。そのうえで、自分にもできることがあると思っている」と意気込みを語った。

 また、「バルセロナで学んだことをここで生かしてほしいと言われているし、自分もそのつもりでいる」と、クラブからも“バルセロナ化”のさらなる促進の手助けを要望されていることを明かし、「自信を持っているし、コンディションの調整に時間はかからない」と、近々デビューを果たせる状態にあることを主張した。背番号は「4」に決まり、笑顔でユニフォーム撮影に応じたフェルマーレンは、神戸の救世主としての役割が期待される。

(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング