【26日の移籍動向】神戸が“新守護神”を獲得! マンU有望株が昇格組へレンタル移籍

横浜FMから神戸への移籍が決定したGK飯倉大樹【写真:荒川祐史】
横浜FMから神戸への移籍が決定したGK飯倉大樹【写真:荒川祐史】

神戸が横浜FMからGK飯倉を獲得した一方、GKキム・スンギュが蔚山現代へ完全移籍

 J1ヴィッセル神戸は横浜F・マリノスからGK飯倉大樹を完全移籍で獲得したと発表した。小学生時代から横浜FMの下部組織で育った飯倉は2005年に昇格を果たすと、2006年に当時JFLのロッソ熊本へ1年間レンタル移籍した以外、Jでは横浜一筋でプレーを続けてきた。近年は横浜の守護神の座を守り続けてきたが、今季はGKパク・イルギュが台頭していた。神戸は同日、韓国代表GKキム・スンギュが古巣である韓国の蔚山現代へ完全移籍することも発表しており、飯倉には新たな守護神としての期待が懸かる。

 海外では、今季からイングランド・プレミアリーグに昇格したシェフィールド・ユナイテッドが、マンチェスター・ユナイテッドからイングランドU-21代表GKディーン・ヘンダーソンを今季終了までのレンタル移籍で獲得したと発表した。ユナイテッドはヘンダーソンと新たに2022年夏までの新契約を結んだことを合わせて発表している。

 GKアンガス・ガン(サウサンプトン)とのポジション争いを制し、イングランドU-21代表で正GKを務めるヘンダーソンは、昨夏に当時2部に所属していたシェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍で加入。リーグ戦全試合に出場し、リーグ最少の41失点に抑えてチームのプレミアリーグ昇格に大きく貢献していた。なお、シェフィールド・ユナイテッドにとって同選手は今夏7人目の補強となる。

<イングランド/プレミアリーグ>
■アーセナル
DF ウィリアム・サリバ サンテティエンヌ(フランス1部)より完全移籍で加入 ※今季はサンテティエンヌへレンタル移籍

■シェフィールド・ユナイテッド
MF ベン・オズボーン ノッティンガム・フォレスト(イングランド2部)より完全移籍で加入

<スペイン/ラ・リーガ>
■グラナダ
MF ヤンヘル・エレーラ マンチェスター・シティ(イングランド1部)よりレンタル移籍で加入

<J1>
■ジュビロ磐田
DF 秋山陽介 名古屋グランパスよりレンタル移籍で加入

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング