ジダン監督、前日会見で18歳MF久保の注目度の高さに言及 「良いか悪いかは分からない」

レアル・マドリードの日本代表MF久保建英、ジダン監督【写真:Getty Images】
レアル・マドリードの日本代表MF久保建英、ジダン監督【写真:Getty Images】

久保のトレーニングに対する姿勢を評価しつつも冷静に分析

 スペインの名門レアル・マドリードは、現地時間23日(日本時間24日)にインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のアーセナル戦に臨む。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、20日のバイエルン戦(1-3)でレアルデビューを飾ったばかりの日本代表MF久保建英の注目度の高さについて問われると、「良いか悪いかは分からない」と冷静な見解を示した。クラブ公式ツイッターやYouTubeチャンネルが、会見の一部始終を公開している。

 20日にICCバイエルン戦に臨んだレアルは、前後半でメンバーを総入れ替えして臨んだが、3失点を喫して新シーズン初の実戦で黒星を喫した。「背番号26」を背負った久保は、後半スタートから途中出場。キックオフ早々、ハーフウェーライン付近からの縦パスを受けると、相手2人に囲まれるも巧みなタッチで局面を打開し、すぐさま観客の目を引き付けた。さらに後半17分には、敵陣中央でボールを受けた久保がスルーパスを送り、ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールのチャンスを演出。何度もボールに触るなど上々のデビューを飾った。

 一行はヒューストンからアメリカの首都ワシントンD.C.へ移動。23日にICCアーセナル戦を控えるなか、ジダン監督は前日会見に登壇した。日本のメディアから「注目を集めることは、久保にとって悪いことか?」という質問を受けたフランス人指揮官は、次のように語っている。

「(注目を集めることが久保にとって)良いか悪いかは分からない。彼はどこにいるか分かっている。 非常によくトレーニングしている選手だ。プレーすることを恐れていし、サッカーをするのが好きで、それは良いことだ。彼は自分がどんなクラブにいるかをよく分かっている。ただ、彼自身が言うとおり、ここにいるすべての選手が重要だ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング