久保建英、レアルデビュー戦を海外識者が称賛「スピードに満足」 “酷かった”選手たちは?

レアル・マドリードMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
レアル・マドリードMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

バイエルン戦後半から出場、「久保が下がらないとボールが前に進まない」と指摘

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英が新天地でデビューを飾ったなか、海外ジャーナリストからも称賛の声が上がった。トップチームの北米ツアーに帯同している18歳の日本人アタッカーは、現地時間20日(日本時間21日)に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦(1-3)で後半から出場し、そのパフォーマンスに賛辞が集まっている。

 試合は前半15分に動いた。バイエルンのフランス代表MFコランタン・トリッソに被弾したレアルは、後半にメンバー11人を総入れ替え。背番号26を与えられた久保も“白い巨人”の一員としてピッチに立った。

 出場して早々、相手2人を翻弄する鋭いドリブルを披露したかと思えば、後半17分には絶妙なスルーパスをブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールに通してチャンスを演出。縦横無尽に動き回ってボールを引き出し、冷静沈着なプレーで攻撃を組み立てた。

 ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、ドイツ代表MFセルジュ・ニャブリに被弾して0-3となったが、レアルはMFロドリゴが一矢報いるゴールを決めて1-3で終了。久保は後半45分間のプレーとなったが、多くの人に好印象を残したようだ。

 情報サイト「Managing Madrid」の編集長を務めるキヤン・ソバニ氏は「久保が下がらないとボールが前に進まない」と指摘。また、ジャーナリストで映像制作も手掛けるギアム・グレズ氏は「すべてのプレーにおける久保のスピードに満足。それが試合にリズムを与えていた」と一定の評価を与えている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング