「覚悟を持って」 トゥウェンテ入団の18歳中村敬斗、“身一つ”で離日「持参は味噌汁少し」

FCトゥウェンテに移籍するFW中村敬斗【写真:Football ZONE web】
FCトゥウェンテに移籍するFW中村敬斗【写真:Football ZONE web】

G大阪からオランダ1部へ 目標だった欧州挑戦で「ゴールを取れるだけ取る」

 ガンバ大阪からオランダ1部FCトゥウェンテに期限付き移籍するU-20日本代表FW中村敬斗が21日、成田空港から渡欧した。Jリーグラストマッチとなった前日20日の第20節名古屋グランパス戦(2-2)を終え、オランダへ出発。大勢の友人に見送られた18歳が新たな挑戦のため旅立った。

 昨季、高校3年生で三菱養和ユースからG大阪に入団。下部組織出身ではない選手の“飛び級”トップ昇格はクラブ史上初だった。入団当初からレヴィー・クルピ前監督に才能を見出され、開幕デビューを果たすと、2018年3月14日のルヴァンカップ・グループリーグ第2節浦和レッズ戦では自陣から約60メートルの独走ドリブルでプロ初ゴールを決めるなど活躍。そこから苦しんだ時期もあったが、目標にしていた欧州切符を自らの手でつかんだ。

「今の気持ちは完全にオランダ、FCトゥウェンテで活躍することしか考えていないし、わくわくしています。もちろんゴールをとにかく取れるだけ取って、アシストもできるだけして、毎試合出るぐらいの勢いで試合に絡んで。それぐらいじゃないと。この年齢で(欧州に)行くというのは大変だと思うんですけど、覚悟を持って行きたいです」

 前日の20日のラストマッチ。左ウイングバックで先発出場するも、不完全燃焼で終わった。海外移籍が決まってから怒涛のようなスケジュールのなか、体調を崩してしまった。それでもなんとかコンディションを元に戻したのは、G大阪へ感謝の思いがあったからだ。宮本恒靖監督をはじめ、森下仁志U-23監督、實好礼忠U-23前監督(現・京都サンガコーチ)など、厳しく指導し、成長させてくれたクラブへの恩返しという気持ちが強かった。

「向こうで活躍してこい、とチームメートのみんな応援してくれて。1年半しかいなかったし、ユース出身でもないけど、ガンバサポーターからも送り出してもらって。(試合後にゴール裏へ向かって)みんなの前で話せたのは、すごく嬉しかったです」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング