22年W杯アジア2次予選の組分け決定! 日本はF組でキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと対戦

日本はF組でキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと対戦【写真:Getty Images】
日本はF組でキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと対戦【写真:Getty Images】

西野氏の監督就任が発表されたタイはG組、本田が率いるカンボジアはC組に入る

 2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の組み合わせ抽選会が、17日にマレーシアのクアラルンプールで行われ、日本代表はF組となり、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同居した。

 アジア2次予選には日本など1次予選を免除された34チームと、1次予選を勝ち上がった6チームの計40チームが出場。抽選会を前に6月のFIFAランキングによって8チームずつ5つのポットに分けられた。

 7大会連続のW杯出場を目指す日本は、イランや韓国、オーストラリアとともにポット1に入り、最後の抽選でキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルのいるF組に入った。

 日本代表前監督の西野朗氏の就任が発表されたタイはG組に入り、第1ポットのUAEのほかベトナム、マレーシア、インドネシアの東南アジア勢と同居する厳しい組となった。元日本代表MF本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジアはC組に入り、イラン、イラク、バーレーン、香港と対戦する。

 2次予選は9月から来年の6月まで、ホーム&アウェー方式の総当たりで実施。各組1位と2位の上位4チームが最終予選に進む。W杯のアジア出場枠は開催国カタールを除き「4.5枠」となっている。

 アジア2次予選の全8グループの顔ぶれは以下のとおり。

(グループA)
中国(73位)
シリア(85位)
フィリピン(126位)
モルディブ(151位)
グアム(190位)

(グループB)
オーストラリア(43位)
ヨルダン(98位)
チャイニーズ・タイペイ(125位)
クウェート(156位)
ネパール(165位)

(グループC)
イラン(20位)
イラク(77位)
バーレーン(110位)
香港(141位)
カンボジア(169位)

(グループD)
サウジアラビア(69位)
ウズベキスタン(82位)
パレスチナ(100位)
イエメン(144位)
シンガポール(162位)

(グループE)
カタール(55位)
オマーン(86位)
インド(101位)
アフガニスタン(149位)
バングラデシュ(183位)

(グループF)
日本(28位)
キルギス(95位)
タジキスタン(120位)
ミャンマー(138位)
モンゴル(187位)

(グループG)
UAE(67位)
ベトナム(96位)
タイ(116位)
マレーシア(159位)
インドネシア(160位)

(グループH)
韓国(37位)
レバノン(86位)
北朝鮮(122位)
トルクメニスタン(135位)
スリランカ(201位)

※カッコ内はFIFAランキング

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング