J1浦和、横浜FM戦の“両軍サポーター衝突騒動”で謝罪声明 「お詫び申し上げます」

浦和は横浜FM戦でのトラブルについて謝罪を発表した【写真:Getty Images】
浦和は横浜FM戦でのトラブルについて謝罪を発表した【写真:Getty Images】

日産スタジアムで両軍のファン・サポーターが小競り合い、SNSで動画や写真が拡散

 浦和レッズは14日、公式サイトで「横浜F・マリノス戦での事案について」という声明を発表した。13日のJ1第19節・横浜FM戦(1-3)で両クラブのファン・サポーターが衝突するトラブルが勃発し、浦和側は「お詫び申し上げます」と謝罪している。

 横浜FMの本拠地・日産スタジアムで行われた一戦では、スタンドでも激しい小競り合いが発生。会場は物々しい空気に包まれ、その一部始終を捉えた動画や写真がSNS上で拡散されるなど話題となっていた。

 試合翌日の14日、浦和は公式サイトを更新。「横浜F・マリノス戦での事案について」と題した声明のなかで、「明治安田生命J1リーグ第19節 横浜F・マリノス戦の試合前に、両クラブのファン・サポーターによるトラブルがありました」と説明。さらに次のように続けている。

「浦和レッズは、『安全・快適で熱気ある満員のスタジアム』を目指しております。両クラブのファン・サポーターのみなさまをはじめ、Jリーグやサッカーを愛する方々にご心配、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」

 現在は事実関係を調査している段階で、「横浜F・マリノスと事象の確認を行っており、Jリーグとも協議の上、両クラブで協力して、再発防止ができるよう取り組んで参ります」と記している。また、対応や処分などについては「詳細が決まりましたら、あらためてご報告いたします」と締めくくった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング