Jリーグはファンに伝える責務がある 前代未聞の誤審騒動、観客は10分間も“蚊帳の外”

横浜FM×浦和の一戦は10分間の試合中断という異例の事態に【写真:Getty Images】
横浜FM×浦和の一戦は10分間の試合中断という異例の事態に【写真:Getty Images】

オフサイド、ゴールと判定が二転三転 横浜FM対浦和で起きた判定を巡る混乱

 10分間近くも観客は蚊帳の外だった。

 J1リーグ第19節の横浜F・マリノス対浦和レッズ、後半14分のシーンである。左サイドからペナルティーエリア内に侵入した遠藤渓太の速いクロスに、仲川輝人が合わせに行き、その前で必死にカバーに戻った浦和の宇賀神友弥が対応する。結果的にボールはゴールネットを揺するのだが、率直にビデオで見直しても、最終的にボールが当たったのが仲川なのか、宇賀神なのかは判別が困難だった。

 ただし仲川なら明らかにオフサイド、しかもハンドのようにも見え、宇賀神ならオウンゴールになる。松尾一主審は、最初はゴールの判定を下したが、しばらくして浦和のFKに覆し、再びゴールの判定に戻るという前代未聞の混乱を招いた。

 1986年メキシコ・ワールドカップで、イングランドのGKピーター・シルトンに競り勝つ形で奪ったディエゴ・マラドーナが、ジャンプして拳で押し込んだゴールは「神の手」によるものと伝説化されたが、横浜FM対浦和のこのシーンも“神”でもなければ正確な判定は不可能だったに違いない。実際、試合後に3-1で勝利したアンジェ・ポステコグルー監督は、松尾主審とのやり取りについては「個人的なものだから」と言明を避け、「レフェリーは難しい仕事を強いられた」とコメントするに止めた。

 一方、浦和の大槻毅監督は、明らかに怒りを溜め込み、だからこそ敢えて多くを語らないように努めている様子だった。

「僕が喋ると僕の主観になる。ピッチ上のことは、テレビを見て判断するのではないので、コメントを控えさせて頂きます」

 さらに会見場を後にする時には、「質問にきちんと答えずすいませんでした」と残した。

 結局重要なポイントは、大槻監督のコメントから滲み出ていた。約10分間も両軍が入り乱れての抗議が続けば、なんらかの形で主審の耳にも真実が伝わってくる。だが主審は、2次情報から判定を覆すわけにはいかない。おそらく最終的には、誤審の非を覚悟のうえで、最初の肉眼での判断という正義を貫いた。大槻監督も「誤審」の真実を知りながら「あそこまでボールを運ばせた」自分の采配の非を口にした。

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング