開催国ブラジルがコパ9度目の戴冠へ王手 永遠の宿敵アルゼンチン相手に2-0で勝利

スーペルコパを制したブラジル代表がコパ・アメリカ決勝進出!【写真:AP】
スーペルコパを制したブラジル代表がコパ・アメリカ決勝進出!【写真:AP】

フィルミーノのノールックパスをジェズスが仕留めてブラジルが先制

 コパ・アメリカ(南米選手権)準決勝、永遠の宿敵対決はブラジルに軍配が上がった。現地時間2日に行われたブラジル対アルゼンチン、開催国のブラジルがホームの圧倒的なサポートを受けて2-0で勝利。決勝進出を果たした。

 ワールドカップ(W杯)優勝経験国同士、そして南米サッカーのリーダーであり続けた国家同士の“スーペルクラシコ”は、FWフィルミーノ、MFフィリペ・コウチーニョ、DFチアゴ・シウバ、GKアリソン、そしてFWリオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、今大会好調のFWラウタロ・マルティネスと役者が揃ったなかでキックオフの時を迎えた。

 キックオフ直後から激しい球際の競り合いの応酬で、前半9分にアルゼンチンのDFニコラス・タグリアフィコが警告を受けた。ブラジルがボールを握る展開となったが、同12分にはMFレアンドロ・パレデスが際どいミドルシュートを飛ばすなど、アルゼンチンも隙を見逃さない。

 しかし前半19分、牙をむいたのはカナリア軍団だった。コウチーニョとダニエウ・アウベスの突破から、右サイドに流れたフィルミーノがノールックでラストパス。ゴール前で仕上げたのはFWガブリエウ・ジェズス。今大会初ゴールで1-0とリードを奪った。

 前半29分にはメッシのドリブル突破を止めたカゼミーロがファウルを取られ、その判定に両チームが主審に詰め寄る場面が起きるなどヒートアップ。その直接FKではメッシの絶妙のクロスからアグエロがヘディングで合わせたが、クロスバー直撃に終わった。

 前半を1点リードで折り返したブラジルは、後半からFWエベルトンに代えてFWウィリアンを投入。一方でアルゼンチンは5分にアグエロのパスからラウタロがボレーシュートを放つ。ブラジルもジェズスの華麗なルーレットからコウチーニョがゴール前で決定機を迎えたが、シュートは大きく外れた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング