日本で誕生した“キック専門コーチ” プロの「上手くなりたい」欲求も満たす特化型指導

キックに特化した専門コーチが日本で誕生した(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
キックに特化した専門コーチが日本で誕生した(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

「キックマスター講座」を展開する上船氏 男女の日本代表クラスの選手からもオファーが届く

 日本でプロのキックコーチが誕生した。世界を見渡せば、セットプレーやスローインなどを専門指導するコーチがいるそうだが、キックに特化したのは初めてなのかもしれない。

 プロキックコーチを宣言したのは上船利徳氏。神村学園高校から東京国際大学へ進み、ドイツ4部のKFCユルディンゲンでプレーしたが、故障のために若くして現役を退いた。だが引退後も精力的な活動を続け、「エリート人材育成 淡路島学習センター」を立ち上げ、高校年代の選手たちの育成環境を整え、その傍らで自ら「キックマスター講座」を実践し好評を博してきた。早速「YouTube」で実践映像を流すと、「急上昇クリエイター」に選出され、男女の日本代表クラスの選手たちからも次々にオファーが届いている。

 もともと平凡なレベルだったという上船氏は、なんとかボランチとして活路を開きたくて、神村学園高校1年生の時に、かつての恩師にアドバイスを求めた。

「俺なら、いろんなキックで展開ができるボランチが欲しいかな」

 その一言で、ひたすらボールを蹴り込む毎日が始まった。

 動画では、インステップ、インサイドの正しい蹴り方など初歩的なものから、ロングキック、無回転、同じフォームでのニアとファーへの蹴り分けシュートなどを披露。バルセロナ市内のクラブでプレーする中学生からは「動画を見て練習したらマスターすることができました」と、自ら無回転シュートを蹴る映像が届いた。一度だけ直接指導を受けた元日本代表選手も、「ファーサイド狙いのシュートに可能性を感じてきた」と喜んでいたそうである。

 本来キックを教えるのはコーチの仕事だ。しかし現実には大人に近づくほど、キックができることを前提とした戦術練習が繰り返され、さらに個が技術を伸ばしていくための道標がない。いつの間にか「技は見て盗むもの」が常識化してきたが、本来はそのプロセスを短縮し効率良く伸ばしていくのが、コーチの役割になる。

page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング