ドイツで今も高く評価される元浦和監督 GM的視点も備えた智将が貫いた哲学とは?

フィンケ氏は、2009年から2シーズン浦和レッズを指揮した【写真:Getty Images】
フィンケ氏は、2009年から2シーズン浦和レッズを指揮した【写真:Getty Images】

2009年から10年まで浦和を率いたフィンケ監督 コーチを務めたモラス雅輝氏が素顔を証言

 フォルカー・フィンケの名前をまだ覚えている人は、どれくらいいるだろうか。世代交代を図ろうとしたJ1リーグの浦和レッズが2009年に迎え入れたものの、常にタイトルを求められるクラブとしての立ち位置と、フィンケが得意とするフィールドとが食い違ったまま時間は過ぎていき、10年にクラブを去ることとなった。残念ながら日本では大きな成果を上げることはできなかったものの、一人の監督の解任劇としてだけ見るのはもったいない。フィンケは母国ドイツで、偉大な指導者の一人に数えられているからだ。

 当時コーチとして、浦和レッズでフィンケとともに過ごしていたモラス雅輝(現ヴィッセル神戸アシスタントコーチ)の目には、そんなフィンケはどのように映っていたのだろうか。

「あれだけフライブルクで経験と実績がある人だったから、ドイツ、ブンデスリーガからのオファーは山ほどあったんですよね。彼が浦和レッズにいる時も、僕が知っているだけで5つのオファーがあった。でも『自分は浦和レッズとは2年間の契約だから、ちゃんと2年間はやる』と言って全部断ったんです。そのなかのいくつかは、浦和の年俸の何倍という話だった。でもあの人は絶対お金じゃ動かない」

 ドイツでも有名な話がある。かつて所属していたフライブルクでチームユニフォームを国内メーカーのJAKOと常に契約させ、アディダスやナイキといった名だたるメーカーからどれだけ高額のオファーを出されても受け入れさせなかったという。その理由は「東南アジアなどで格段に安い賃金で働かせて作られたユニフォームを受け入れることはできない。俺が現職のうちはナイキにはさせない」と言い続けていたという。

 フィンケはドイツにおいて、ただのサッカー監督以上の何かをもたらせる人として今も高く評価されている。

 1990年代にそれまで1部に昇格したこともなかった弱小クラブのフライブルクに革命をもたらした。当時ドイツ国内でマンマーク・リベロが主流だったサッカーシーンに、現代サッカーの基本とも言えるゾーンプレスやショートパスを中心としたオフェンシブサッカーを浸透させたのだ。ただのきれいなサッカーでは満足せず、ボールを中心にサッカーを捉え、単純にサイドからクロスを入れるのではなく、どのように相手ライン間にパスを通して崩していくかを徹底的に突き詰めた。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング