日本代表「トリニダード・トバゴ戦出場16人」を金田喜稔が採点 低調な一戦の最低評価は?

MF伊東純也【写真:Yukihito Taguchi】
MF伊東純也【写真:Yukihito Taguchi】

シャドーに入った伊東だが「時間帯と持ち味を考えればワイドに張らせても…」

■室屋 成(FC東京/DF/←後半17分IN)=★★★

 右ウイングバックとして上下動が求められ、何本かクロスも放った。得点の匂いを感じさせるようなチャンスメイクには至らず、チームに変化を与えられなかった。

■伊東純也(ヘンク/MF/←後半26分IN)=評価なし

 堂安と交代で右のシャドーに入ったが、伊東のプレースタイルを考えればミスマッチ。1点が欲しい終盤の時間帯、サイドを抉る、あるいは切り込んでシュートという持ち味を生かすなら、伊東をワイドに張らせてそのぶん柴崎をシャドーに、冨安をボランチに上げるといった対応があっても面白かった。本人としては、最後に訪れた決定機を決めていればと悔やんでいるだろう。

■南野拓実(ザルツブルク/MF/←後半26分IN)=評価なし

 中島に代わってシャドーに入り、短い時間でシュート3本を打つ積極性は見せた。ただこれまでとは異なる3-4-2-1システムのなかで、周囲との連係や動き方に難しさを感じているように見えた。

■原口元気(ハノーファー/MF/←後半34分IN)=評価なし

 わずかな出場時間しかなかったが、今季のハノーファーでも経験している左ウイングバックでプレー。残り時間が少なかっただけに、より高い位置での仕掛けも期待したかったが、守備のリスクも考えながら無難にこなした印象だ。

[PROFILE]
金田喜稔(かねだ・のぶとし)

1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング