リバプール会長がクロップ監督の長期政権を希望 「我々は彼の世界に惚れ込んでいる」

リバプールを率いるクロップ監督【写真:Getty Images】
リバプールを率いるクロップ監督【写真:Getty Images】

ワーナー会長「チームが成長を続けている姿を見るのは、大きな喜び」

 リバプールは現地時間1日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、トットナムと対戦する。試合が行われるスペイン・マドリードに到着したリバプールのトム・ワーナー会長は、英地元紙「リバプール・エコー」の取材に対して、クラブを2年連続でCL決勝に導いたユルゲン・クロップ監督に長期政権を築いてほしい意向を明かしている。

 リバプールは昨年のCL決勝でレアル・マドリードに1-3で敗れた。それから1年が経ち、リバプールは6度目の欧州制覇まで残り1試合という位置に戻ってきた。ワーナー会長は「昨年の決勝後の選手たちを見れば、彼らがあの敗戦でどれだけ傷ついたかは分かるだろう。私たちはモハメド・サラーの不運な負傷までは、レアル・マドリードと変わらない良いプレーを見せた。あのようにキエフを去り、次に決勝に進むのはいつになるかと思っていた。決勝までの道のりはとてつもなく困難であり、まさか翌年に再び決勝に戻れるとは思っていなかった」と、早くもリベンジの機会をつかんだことを喜んだ。

 リバプールの躍進の立役者となっているのが、ユルゲン・クロップ監督だろう。今季のプレミアリーグでは勝ち点「1」差でマンチェスター・シティに覇権を譲ったものの、わずか1敗しか喫していない彼らが挙げた勝ち点「97」という数字は、2位クラブとしては史上最高の勝ち点だ。「今は絶えず発展している。チームが成長を続けている姿を見るのは、大きな喜びだよ」とワーナー会長は語り、クロップ監督と彼の周囲にいるスタッフたちの功績を称えた。

「すべてはユルゲンと彼の圧倒的なリーダーシップから始まった。この数年で私たちが達成したことに、それこそが決定的だった。彼も周囲から素晴らしいサポートを受けている。全員が素晴らしい仕事をしており、この組織がピッチ内だけではなく、ピッチ外で達成してきたことを誇りに思う」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング