注目の欧州強豪対決 ドイツ-フランスの準々決勝はコンディション&過去の対戦成績でフランス有利!?

 優勝経験のある欧州の強豪同士の一戦、ドイツは、高いテクニックを活かして主導権を握りながらゴールを目指す。対するフランスは、高い身体能力を活かして守りながらコントロールし、カウンターで仕留めにかかる。ここまでの試合を見ればそんな予想も出来るが、ドイツに関しては心配なニュースが飛び交っている。

 今月2日、レーブ監督がドイツのラジオに対して、7名もの選手が体調を崩したことを明かした。また、アルジェリア戦を発熱のため欠場した守備の要、マッツ・フンメルスも、症状が悪化しているようだ。選手の状態に関して「現在はそれほどひどくない」としているが、一部では「インフルエンザか?」とも言われており、選手達がベストのコンディションで試合に臨むのは難しそうだ。

 一方、フランスは、負傷離脱していたママドゥ・サコも復帰し、ベストメンバーでこの試合に臨むことが出来そうだ。ただ、前回のナイジェリア戦では、オリヴィエ・ジルーをセンターフォワード、カリム・ベンゼマを左ウイング、マテュー・ヴァルブエナを右ウイングに配置したスリートップで試合に臨んだのに対して、この試合では、ジルーを下げ、センターにベンゼマ、左にアントワーヌ・グリーズマンを起用する可能性もあり得る。

 前評判やクラブシーンでのバイエルン、ドルトムントの活躍ぶりを見ているとドイツ有利としたくなるが、コンディションが微妙なことに加え、フランスとの過去の対戦成績で8勝11敗6分と負け越している事実をみれば、この試合ややフランス有利なのかもしれない。

 

※海外へサッカーを見に行こうと計画されている方にお知らせです。お得で安全な旅をサポートするサービスがあります。こちらをクリック!

 

page1 page2

トレンド

ランキング