U-20日本代表MF伊藤洋輝、PK失敗の悔しさ吐露 「違う形で挽回したい」とリベンジ誓う

PK失敗も下は向かずに切り替え 決勝トーナメントでのリベンジを誓う

 初戦のエクアドル戦では満足のいくプレーができず、第2戦のメキシコ戦では途中出場。この試合で何かしらの結果を求めていたのは間違いない。しかし、「あそこに蹴ろうと思って思い切り蹴った」というゴール右下を狙ったシュートは相手GKがセーブ。またしてもチャンスを生かすことができなかった。

 だが、ここで伊藤は下を向かなかった。「チームに迷惑をかけましたけど、その後は切り替えてプレーできていた」と振り返るように、その後も積極的にシュートを狙うなど、貪欲にゴールを狙い続けた。

 結果的にチームは引き分けてグループリーグを突破。2大会連続の決勝トーナメント進出に「無敗で終われたのは良かった」と手応えを口にしつつ、「ここからはトーナメントなので戦い方の上手さはより必要になると思う」と次なる戦いを見据えている。個人としても「また違う形で挽回したいと思います」とリベンジを誓った伊藤。決勝トーナメントでは、伊藤の名を世界に轟かすようなプレーに期待したいところだ。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(林 遼平 / Ryohei Hayashi)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング