「落ち着け」 元オランダ代表DFの“ハードすぎる”タックルに反響「親善試合の概念ない」

スタム氏のタックルが話題を呼んでいる【写真:Getty Images】
スタム氏のタックルが話題を呼んでいる【写真:Getty Images】

元マンUのDFヤープ・スタム氏のタックルが話題 「トップチームに必要」

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間26日、バイエルンとのOBマッチを開催。1999年の同日に同カードで行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝から20周年を記念し、当時のメンバーを中心に両チームOBが集結した。レジェンドが一堂に会した豪華な一戦となったが、そのなかで元オランダ代表DFヤープ・スタム氏が見せた“激しすぎるチャージ”が反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 1998-99シーズンのCL決勝は壮絶な試合となり、後半アディショナルタイムにユナイテッドが2点を決めて大逆転勝利を収めた。“カンプ・ノウの奇跡”として記憶される一戦を記念して行われたOBマッチには、ユナイテッドをはじめ、ラツィオやミランでも活躍したスタム氏も参加。現役時代はハードタックルで鳴らしたスタム氏は、今回のOBマッチでもそのパワフルなプレーを炸裂させた。

 自陣右サイドでバイエルンにボールをキープされる状況から、中央に入れられたパスにスタム氏が反応してインターセプトを狙う。しかし、バイエルンの選手に先に触られる……かと思いきや、相手とボールの間に巨体をねじ込み、相手はあえなく転倒。ボールが落ち着いていないと見たバイエルンはさらにもう1人がプレッシングを仕掛けるものの、スタム氏は正面からのハードタックルによって正々堂々と吹き飛ばした。2人をなぎ倒して余裕を得ると、前方へと悠々とパスを送っている。

 マンチェスター・ユナイテッドのスペイン語版公式ツイッターは、「ヤープ・スタムに親善試合の概念はない」とコメントを添えて動画を投稿。返信欄には「かつての習慣を忘れていない」「クリス・スモーリングよりもトップチームに必要」「今のチームに欠けているもの」などの反響が集まった。

 また、英メディア「GIVE ME SPORT」は「ヤープ・スタムはフレンドリーマッチであることを忘れた」と見出しを打ち、その勇姿に注目。「ファンからはいまだに大きな支持を受けている。彼らは削り取るようなタックルと無骨なチャージを忘れていないからだ」と伝えたうえで、今回のタックルに関しては「ちょっと落ち着け」とツッコミを入れている。

 現在は日本代表DF中山雄太も所属するエールディビジのズヴォレで監督を務めるスタム氏。現役時代を彷彿とさせる激しいプレーぶりは、マンチェスターのオールドファンに感銘を与えたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】