怒るメッシが浴びせた「マヌケ野郎」の罵声 “強烈タックルの舞台裏”をリバプールMF激白

ミルナーがメッシとのやりとりを振り返っている【写真:Getty Images】
ミルナーがメッシとのやりとりを振り返っている【写真:Getty Images】

「スペイン語でいろいろ言われたよ」 ミルナーがメッシとのやりとりを振り返る

 リバプールは現地時間6月1日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えているが、元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーは準決勝でバルセロナと対戦した際、苛立ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに罵声を浴びせられていたことを明かし、批判を覚悟のうえでマッチアップしていたことを振り返っている。

 リバプールは5月7日にホームで行われたバルセロナとの準決勝第2戦をエジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが欠場という“飛車角落ち”の状況で4-0と圧勝を収め、2戦合計スコア4-3と壮絶な逆転突破を掴み取っていた。

 一方、英紙「デイリー・メール」が注目しているのは、敵地で0-3と敗れた第1戦でのミルナーとメッシの間で行われたやりとりだ。同メディアのインタビューに応じたミルナーは、強烈なタックルをお見舞いしたメッシに怒りをぶつけられていたことを明らかにしていた。

「彼は幸せではなかったようだね。ハーフタイムにトンネルを通る際、スペイン語でいろいろと言葉を浴びせられたよ。彼は僕を『Burro』と呼んでいた。マヌケ野郎という意味になるけど、スペインサッカーでは一般的に人を蹴る人間のことを表現するときに使われるようだ。僕は彼に大丈夫かどうか尋ねたんだが、反応はなかったね」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング