U-20日本代表監督、前半の“停滞”に悔恨 「エクアドルが良いチームと強調しすぎた」

U-20日本代表を率いる影山監督【写真:Getty Images】
U-20日本代表を率いる影山監督【写真:Getty Images】

影山監督が悔やんだ前半の戦い 「いつもやっていたことを放棄してしまった」

 U-20日本代表は現地時間23日、U-20ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦で南米の強豪エクアドルと対戦し、1-1のドローに終わった。影山雅永監督は試合後、「エクアドルが良いチームだというのを私が選手たちに強調しすぎたことで、前半のようなパフォーマンスになってしまったのかなと反省しているところです」と、リードを奪われる展開になった前半の内容を悔やんだ。

 グループリーグ突破を考えても大きな意味を持つ初戦のエクアドル戦に、影山監督は「相手の攻撃のスタイルにしっかり対応しながら、それを利用してしっかりボールを握ってゴール前に攻撃できる、そのようなことを意図して選手たちをチョイスした」と、勝ち点3を取るための11人を選択したという。

 しかし、前半は思ったようなサッカーを披露することができなかった。立ち上がりこそプレッシングをかけながらボールを奪い切って攻撃につなげていくシーンもあったが、徐々に相手がボールを持つ時間が長くなると、前半終了間際に失点。リードを許す展開を強いられてしまった。

 後半、GK若原智哉(京都サンガF.C.)のPKストップで息を吹き返し、後半23分にMF山田康太(横浜F・マリノス)が同点ゴールを奪ったが、その後チャンスを生かし切れずにドロー決着となった。

 試合後、影山監督は「初戦で相手に勝ち点3を渡して自分たちがゼロに終わるというのは避けたかった」と引き分けという結果に一定の満足感を見せながらも、「いつもやっていたことを放棄してしまったような前半だった」と、苦しい戦いを強いられた前半の内容に対して改善を求めている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き